ã‚ĸã‚ˇ ã‚ŦãƒŧãƒĢ ネã‚ŋバãƒŦ 87。 ã‚ĸã‚ˇã‚ŦãƒŧãƒĢ【įŦŦ104čŠąã€‘ æœ€æ–°čŠąãŽãƒã‚ŋバãƒŦと感æƒŗīŧīŧ

たわけ、と呆れたようãĢåŋ æ°¸ã¯åãæ¨ãĻぞした。 そしãĻ、唯はč‹Ĩå›ã¨å…ąãĢæˆĻå›ŊへとæˆģãŖãĻ行ãŖた。

15

ぞじかīŊžã€‚ すると、たわけと大åŖ°ã§æ€’éŗ´ã‚ŠãĒãŒã‚‰å¤Šé‡ŽãŒéƒ¨åą‹ã¸å…ĨãŖãĻきぞす。 ã™ã‚‹ã¨éšœå­ã‚’é–‹ã‘ãŸč—¤å°žãŒį„ĄčĄ¨æƒ…で、唯様は、夊丸様ぎごį”Ÿæ¯ã§ã„らãŖã—ã‚ƒã„ãžã™ã‚ˆã¨ä¸€č¨€ã€‚

6

それから小åšŗå¤ĒはåēĻ々様子をäŧēいãĢã€å”¯ãŽã„ã‚‹éƒ¨åą‹ãŽå‰ãĢæĨãĻいぞしたが、とくãĢäŊ•ã‹ã‚’čžãã‚ã‘ã§ã‚‚ãĒくéģ™ãŖãĻįĢ‹ãŖãĻいるだけです。 ぐずぐずæŗŖいãĻいる唯をéēしãĻæˆĻ場へ向かうč‹Ĩ君がおんãĒãĢつらいかわからãĒã„ã‹ã¨č¨€ã„ãžã—ãŸã€‚

20

ã‚ĸã‚ˇã‚ŦãƒŧãƒĢ87čŠąãƒã‚ŋバãƒŦ č‹Ĩ君がå‡ēé™ŖしãĻからäģŠæ—Ĩでもう十äē”æ—Ĩ 唯はæˆĻãĢいãŖたč‹Ĩ君がåŋƒé…ã§ã€ã”éŖ¯ã‚‚喉を通らãĒいįŠļ態だ。 そしãĻ最垌ãĢ、尊が1äēēでうじうじしãĻいぞしたが、æˆĻå›Ŋで姉と再äŧšã§ãã‚‹ãŽã§ã—ょうかīŧŸ 尊がį„Ąäē‹å”¯ãŽã‚‚とãĢæĨれたら、įŠļæŗãŒå¤§ããå¤‰ã‚ã‚Šãã†ã§ã™ã‚ˆã­īŧ æŦĄå›žãŒæĨŊしãŋです。

7

清永がįĩåŠšã—たåĨŗīŧˆå¤Šé‡Žæ°īŧ‰ã¨ãŽé–“ãĢは7äēēīŧˆå››į”ˇä¸‰åĨŗīŧ‰ãŽå­äž›ãŒã„たことがわかãŖたぎであãŖた。

13

ããŽč¨€č‘‰ã¨å…ąãĢ、清永は唯をåŧˇãæŠąæ“ã™ã‚‹ãŽã§ã—た。

20

最初ãĢæˆĻãĢついãĻいかãĒかãŖたぎはこぎæ´ģčēãŽãŸã‚ã ãŖたんですねīŧ 久č”ĩとæŸŋ市æƒŖäŊčĄ›é–€ã¯å”¯ã‚’į”˜ããŋãĻいたようですがâ€ĻæœŦåŊ“ãĢčļŗがはやいīŧ 唯がč‹Ĩå›ãŸãĄãĢį„Ąäē‹ãĢįŸĨらせãĢã„ã‘ã‚‹ã“ã¨ã‚’éĄ˜ã„ãžã™ã€‚ 新劚į”Ÿæ´ģも半嚴įĩŒãŖたんだâ€ĻãĒã‚“ã ã‹æ„Ÿæ…¨æˇąã„ã‚ã€‚ åŽļč‡Ŗはそれはぞだわかりぞせんが、おそらくäģŠå¤œåŠãĢも城下ãĢとäŧãˆãžã™ã€‚

11