3.11 津波。 写真記者が見た「3.11」思い新たに:日本経済新聞

津波により1階は完全に水没し、助けを待っていた約1,200人が孤立していたが、13日にほぼ全員が救出された [ ]。

19

政府の危機感はピークに。 10km圏内に屋内退避指示。 第1波の到達までかかった時間は、広田湾内で8分、で15分。

15

結果的に、2号機が外部へむきだしで破裂するという最悪の事態、東日本滅亡は回避された。

3月19日にはに入港したのが入り70本(14kl)を輸送したほか、3月21日にはのにオイルタンカーの第一船が入港している。 避難誘導中に殉職した警察官は10名。 真岡市のが震災の影響でウォータースライダーを支える支柱や配管などが壊れ営業が中止になり、2013年には完全復旧した。

日光市にあるでは石積みが破損するなどの被害が出ている。 宗教学者のは、との対談で、ある意味「精神的」である震災後の世界の中での宗教の役割を問われ、「(1995年)、東日本大震災の両方で宗教者は一生懸命やっていてもボランティアと同じレベルだった」という。

4

・東北支社は、の無料充電やの貸与などのサービスを提供した。 「犠牲者 土葬始まる 」 朝日 の放出は、全日にわたってやや少ないが、北風かつ雨がちであり、 東京近郊の関東地方がで汚染される。

また、巨大津波以外にも、地震の揺れや、、の決壊などによって、南岸から東北地方を経てを含む南部に至る広大な範囲で被害が発生し、各種が寸断された。

このため、1号機が先頭を切って危機を引き起こしたのである。