コロナ ワクチン 筋肉 注射。 【ワクチンここが知りたい】筋肉注射、いつもと何が違う?

なお、日本産婦人科感染症学会・産婦人科学会からは、「感染リスクが高い医療従事者、重症化リスクがある可能性がある肥満や糖尿病など基礎疾患を合併している方は、ワクチン接種を考慮する」と提言されています。 Centers for Disease Control and Prevention. 8mLで希釈することとなっている。

13

今も意見に変わりはない。 日本でワクチン接種といえば「皮下注射」が一般的なのだが、なぜ、新型コロナウイルスワクチンは「筋肉注射」で接種するのか?そもそも「筋肉注射」と「皮下注射」は何が違うのか? また、新型コロナウイルスワクチンは接種する時、痛いのか?接種後の腫れはどうなのか? 「筋肉注射」や「新型コロナウイルスワクチンの接種」について、日本ワクチン学会の理事で長崎大学大学院・小児科の教授、森内浩幸さんに詳しく話を聞いた。

15

こうした知見から、世界の多くの国々では、生ワクチン以外のワクチンはこの筋肉注射での予防接種が広く一般的に行われています。

しかし!この注射にはそのメリットを遥かに凌駕する恐るべきデメリットがあります。

2

近頃はニュースで海外での新型コロナワクチン接種のシーンをよく見ます。

13

図1:皮下注射と筋肉注射のやり方の違い。 ただ、昔から慣習的に行っていることを急に変えるという事に躊躇する気持ちや不安になる気持ちもよくわかります。 針も非常に細いものを使うので、仮に筋肉注射で行われるとすれば、あまり強い痛みの心配はないでしょう。

9

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

ただしそれは、「適切に行われるならば」というのが大前提だ。

16

また、一般的に筋肉注射の方が副反応が小さく、免疫がつく効果も皮下注射と同等か、それ以上という評価もあるという。

16