藍 白 小説。 コードブルー 小説 藍 白 別れる 18

, シーズン1、シーズン2のコードブルーは林宏司さんが脚本を担当していますが、コードブルー3では安達奈緒子さんが脚本を担当します。 ボタンをクリックすると、実行前の確認が表示されます。 フジョッシーでのヤンデレアンソロジーに書いた短編のお話です。

14

亡くなったマルセルと縁があったことで、王都に呼び出されることになる。 」 ーーーーーーー病院ーーーーーーー 緋山「あいつら、遅くね?」 藤川「2人そろって遅刻とか?」 冴島「何か、あったんですかね?」 緋山「あいつらのことだから……大丈夫っしょ。

10

今まで掲載していた本文は削除し、kindleに掲載していたものを掲載し直しました。 不憫・切ない・残酷・オメガバース・メンヘラ描写あります。 今日の当直は、藤川と灰谷。

19

フジョッシーでのヤンデレアンソロジーに書いた短編のお話です。 本編はKindleに掲載しています。 そんなある日、異変が訪れた。

20

」 藍沢「…いいぞ?」 白石「ありがと…! 天使の笑み 」 なんだよ、白石・・・・・・可愛すぎるだろ。 いずれマルセルの番になるのだと聞かされているが、トーリは、いまだ発情期を迎えていない十五歳のオメガだ。 「よお。

10

守りたかった。 」 藍沢「なんだ。 出会った時に感じた運命。

16

作品を作る. ショックを受ける藍沢のことを、フェローたちは気にしますが1番気にかけていたのは白石だったと思います。 囚われたまま生きている。