ベイビー ステップ。 テニス漫画『ベイビーステップ』最終回…打ち切りの理由… : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

さらに全日本ジュニアでは、ライジングショットを得意とする 岡田隆行、STCの同輩で栄一郎のことを「アニキ」と慕う 深沢諭吉、怪我から復帰した天才プレイヤー 緒方克己を下すが、エッグボールの使い手 神田久志に善戦するも敗れ、全国ベスト4という結果に終わってしまう。 その後プロとなり海外の選手と戦うことを見越し、全日本選手権の後にアメリカの大学に留学することを決意する。 っていうか聴きながら読んだけど。

17

2回戦で第10シードの山口に惜敗。 元プロの新コーチ 青井竜平のアドバイスにより、フロリダテニスアカデミーへの短期留学をした栄一郎は、ひたすら負け続けるものの、当時世界ランク1000位以内のプロ選手 アレックス・オブライアンと対戦して勝利し、プロを目指していく自信をつかみ始める。 幼いころからコーチの母親と共にテニス一筋の生活をしてきたため、テニスが嫌いではないが楽しいのかもよく分からなくなっている。

6

プロ転向後はファンサービスを心がけるようにとスポンサーにいわれているが、正直なところ苦手だと思っている。 しかし、圧倒的に強い相手を眼の前にしてもあきらめず、新たなスタイルを創造しようと模索するのが栄一郎の強みです。 この項目では、勝木光の漫画作品について説明しています。

16

高校のテニス選手 神奈川県の男子選手 荒谷寛(あらや ひろし) 声 - GITC所属の男子選手。 今回も分析が得意な難波江が対応できないよう、チェンジオブペースの新しいパターンをその場で創りだします。 栄一郎の試合がある時は影山と一緒に試合を見に来ている。

14

マイペースな性格だが、運動神経は抜群でGITC好みのタイプ。 メンタル面にも造詣が深く、ゾーンの手掛かりを求める栄一郎を禅寺に連れて行ったり、全日本ジュニアの優勝が叶わずプロを諦めようとする栄一郎の本心を見抜き、「自分に嘘をついてはいけない」というアドバイスを送る。 田島 勇樹(たじま ゆうき) 声 - STCに所属する、栄一郎より8学年下の少年。

13

2009年 04月17日発行(同日発売 )、• その後も環境の差に苦しめられ、本戦までは出場できるようになりましたがフューチャーズの層の厚さを実感し、3ヶ月で得たポイントはわずか1ポイントでした。 1月1日生まれ。

13