早稲田 大学 ラグビー 部 メンバー。 ~リクルート~2020年ラグビー高校生進路に注目

コロナ禍で練習場のある上井草駅のある地区から出られない状況が続くが、グラウンドの隣が寮という環境で「よりラグビーに集中できている」という伊藤を支えるのは、大学4年生の時の2023年ワールドカップ(W杯)で「日本代表としてプレーする」という強い思いだ。 8を務めていた 相良昌彦選手、そして、浪人を経て今年早稲田へ入部を果たした"公立の星" 磯崎錬太郎選手 1年・城東 に期待したいと思います。

11

昨季のチームは、4年生に比重を置き過ぎず、全学年から主力が配置されるバランスの取れた布陣でした。 下記は当校日本一の試合時におけるフィフティーンである。

4

その復帰が待たれます。

2

メンバーは揃っているので全てのプレーで完璧を目指してほしい。

7

強力フォワードを擁した「縦の」に対して、軽量フォワード・バックス中心の展開ラグビーは「横の早稲田」と言われた。 相良選手には2学年先輩の丸尾選手と共にフォワードの核となる活躍、小泉選手、今駒選手には河瀬選手 2年・東海大仰星 、古賀選手 3年・東福岡 らを脅かす存在となってくれることを期待したいところ。

15

変幻自在のパスワーク、強靱なフィジカル、自ら仕掛けられるランスキル、強気なゲームメイクなど、花園で魅せた珠玉のプレーの数々もさることながら、個人的に最も衝撃を受けた試合は、選抜大会準決勝の京都成章戦。 キャプテンが後半で出てくる試合というのは、W杯のアイルランド戦でリーチマイケル選手が控えに回った時の様に、選手全員気合いの入るトリガーだったりするので要チェック。

1