細川 幽斎。 細川幽斎シリーズ 熊本偉人伝Vol.7|旅ムック.com 熊本

『』(大河ドラマ/2002年)• 東国陣道の記 関連作品 [編集 ]• 左が細川家、右が楠木家の家紋 細川家と楠木家。

2

織田軍において、藤孝は明智光秀の与力(補佐)として丹波攻めに従事、丹後12万石をあたえられて宮津(京都府宮津市)に築城した。 武芸に秀で茶の湯でも 藤孝は戦国武将として優秀だっただけではなく、教養人としても優れた才能を発揮しました。 1578年、織田信長の仲介により、嫡男・細川忠興と、明智光秀の娘・玉 15歳が結婚。

18

-幽斎がつくった田辺城はどんなお城だったんですか?城下町もあったんですか? はい城下町もありましたよ。

12

足利将軍・織田信長のもとで武将として功を挙げ、同時に『古今和歌集(こきんわかしゅう)』の解釈などを「古今伝授(こきんでんじゅ)」という形で師から授けられるほど歌詠みにも優れていた「戦国のスーパーマン」細川幽斎(ほそかわゆうさい)も、本来なら上で述べた「戦の死者」になっていました。 本能寺の変のあった直後の天正10(1583)年9月に幽斎が建立にとりかかり、11年の歳月をかけて完成させます。

ただ、三成はこの隙を見逃しはしません。 信長の武将となった藤孝は、山城淀城の戦いで功績を挙げ、畿内を転戦するようになりました。

大正元年(1912)歴代藩主を祀る出水神社の境内へ移築。

というのも、『細川家記』には、このように記されているからだ。 後代のわれわれはすでに結果を知っているが、渦中にある人びとは、先の見えぬなか、つねにいのちがけの決断を強いられる。

3

しかし、じつは、時同じくしてもう一つの前哨戦が、京都の地で行われていた。

一方でとも親交があり、慶長3年()に秀吉が死去すると家康に接近した。

5