井の頭 公園 バラバラ 殺人 事件。 井の頭バラバラ殺人事件―迷宮の深淵から

手足の指紋はほぼ全て削り取られていたが、 わずかに残っていた指紋とDNAから、 被害者は公園の近くに住む一級建築士の男性(当時35歳)と判明した。 被害者男性の手と足は発見されたのですが、ご遺体は損壊されていたため、首から上と体の中身は発見されませんでした。

16

なにか情報ありましたら、気軽にpostしてください。

19

現在までに判明している被害者の足取りを時系列にすると、以下のようになる。

12

4月22日 午前 0時10分 元同僚と別れた後、JR中央線に乗車していればこの時間に自宅の最寄り駅である吉祥寺駅に着いていたことになる。 包み方の概要は、まず遺体パーツの『両端』部分に水切り袋(網状)をあてがい、それを炭カルの半透明ゴミ袋1枚で2度包むという特殊な梱包法だ。 そのため、A氏本人は、件の事件について、警察報道がなされた後で、テレビで知ったそうである。

10

ちなみに24のポリ袋に分けて遺棄されたが、そのサイズだけでなく、重さもほぼ均一だった。 2008年 -• その証言によると、この事件は「人違い殺人事件」だったかもしれないということである。

4

発生直後から現在に至るまで、実に様々な説や、憶測の類が浮上したのであるが、それらの多くは、結局、事件の全貌を明らかにするものではなかったし、むしろそれらは、捜査を撹乱し、当局の目を真犯人から遠ざけてしまいかねないものばかりであった。

10

しかし犯人はそれを完遂していることから、猟奇的な犯人像も想定された。 この事件にはいくつもの謎が残されている。

9