デジタル 人民 元 実証 実験。 デジタル人民元は、中国蘇州市での実証実験終了

フランス 民間企業とデジタルユーロプロジェクトを推進 フランスではデジタルユーロに関する取り組みが積極的に行われています。 一方、大規模な実証実験ではないが、1月5日に国営通信社の新華社が伝えたところによると、上海市長寧区にある上海交通大学医学院付属同仁病院の職員食堂で5日に、カード方式のデジタル人民元の利用が始まったという(注2)。

20

その際には、店舗だけでなくネットでもデジタル人民元が利用できた。

資金繰りが楽になる」と話している。

また、商店や飲食店などの実店舗だけでなく、ネット通販大手の京東集団(JDドット・コム)のサイトなど、初めてネット上でのデジタル人民元利用へと、実験の領域は広げられた。 先月31日、同市がした。

5

このように当局は、デジタル人民元の実証実験の場所を変え、また、利用手段などを変えながら、様々なケースの下での実験を行い、そのデータを収集しているのである。

それは、将来的にデジタル人民元を中国外で使用することや、国際決済・送金への活用に向けた準備になるだろう。 こうした中で、「デジタル人民元の開発も加速度的に進んでいるのではないか?」と複数のメディアが度々報じている。 新型コロナウイルス感染拡大によって、日本においても最新技術を活用し、企業間連携の最適化が図られていますが、「未来都市」構想の実現に向けて中国においては都市開発のデジタル化が水面下で進行。

17

日本は日銀が2021年度の早い時期に、実現可能性を検証する実証実験を始めると表明している。 14日、深セン市の式典で習主席は「未来の産業を育成し、デジタル産業を発展させる」と述べ、デジタル人民元の振興に意欲を見せた。 蘇州市の実証実験は、12月12日のショッピングフェスティバル「ダブル12」に始まり、12月27日(日)に終了した。

1