加賀 優作。 陽炎座

(1993年 - 1999年、CX) - 司会• 1970年代の活動 [ ] 3月、劇団『』の入所試験を受けるも一次の筆記試験で不合格。 (作品、1991年)• (A32型、1994年)• 当時松田は刑事役はもうしないと決めており、当初は出演を断ったが、石原裕次郎が自ら出向き出演を依頼して実現した。

1

、、監督: 澤田幸弘 - 保険勧誘員 役 ゲスト出演• 受賞歴 [ ]• 、東映セントラルフィルム、監督: 村川透 - 鳴海昌平 役• 僕は幼少の頃より感受性が強く、他人の表情の変化や声色、会話の間などから、 その人の思いや感情が心の中に流れ込んでくる、という経験をしてきました。

心配ご無用』では、 同じ毒舌系の野村沙知代やデヴィ・スカルノとは、ほとんど話す場面がなく、相談者に対して厳しい発言に終始していた。

12

これまでに様々なバラエティ番組のほか、木村拓哉さん主演『グランメゾン東京』(TBS系)、TOKIO・松岡昌宏さん主演『死役所』(テレビ東京系)など、ドラマにもゲスト出演するなど活動の幅を拡げています。 とにかくここで私は救われたので私自身が浮気する事なく利用し続けたいなって思っています。

8

、 - 風見 役• (2012年) - 結城庸夫• - の他、遺作である「」を監督。 当時の二重瞼の手術の主流は切開法であり、術後約1週間で抜糸を行うが「費用がまた何万円もかかるのではないか…」と懸念した松田は抜糸予定日に病院へは行かず、自宅で鏡を見ながら裁縫用の小さなハサミを用いて抜糸をしたと語っている。

13

(2000年10月 - 2002年6月、ANB) - 4代目司会 CM [ ]• みなさま健やかにお過ごしでしょうか。 、にっかつ・NCP・ATG、監督: - 吉本勝 役• 元妻のの話によると、優作は遊郭の一角で生まれ育ったことや、国籍であることを死活問題のように悩んでいたという。 - 松田と出会って才能を開花させた脚本家。

14