千と千尋の神隠し都市伝説 節子。 火垂るの墓の都市伝説が怖い!節子と清太の死因と遺影やポスターの謎

本当は生きていた「火垂るの墓」の節子が登場する!? 千と千尋では、後半に 千尋が電車に乗るシーンがあります。 しかし、清太は忍び込んだ先で盗み食いをしているところが描かれているので、度々そうやって何かしらを口にしていた可能性があります。 w 宮﨑駿監督は、既に この世にいないという事を表現するためにあえて節子を登場させたのでしょうかね。

千尋がお湯屋に入る時に息を止めながら渡った橋がありましたよね。

12

見たところ、 節子の幽霊は、 「千と千尋の神隠し」の劇中で浮かんでいるようです。 背中の湿疹を見てあせもを疑うほど汗をかいて当然の季節ともなれば、食の豊かな現代でさえミネラルが不足しがちになるものです。 確かに、千尋たちの出発前に釜爺が言う「行きっぱなし(戻りの電車がない)」というセリフも、死の世界へ行くことを連想させます。

14

おばさんの家を出るという清太の判断は、節子の死の一因です。 ほぼ感覚だけで生きてます。 「二人が永遠に悪夢を見続ける」話しだと言われている。

17

湯婆婆から契約書に名前を書くように指示され、千尋は言われるがままに契約書に名前を書きます。 このサイトでもそうしたジブリに関する都市伝説を多数紹介していますので、お時間がある時にご覧ください。 千尋が「腐れ神」を薬湯に浸けて、刺さっていたゴミや自転車を引っ張り出すと一気に浄化され、龍神「名のある川の主」に戻り、そのお礼として千は「ニガダンゴ」をもらいます。

13

「清太と節子の幽霊を登場させているんですが、このふたりの幽霊は、 気の毒なことにこの体験を繰り返すしかないわけです。

3

内容はリナという名前の小学6年生の少女が、夏休みに一人旅に出て霧の谷の森を抜けて不思議な街にたどり着き、そこで出会った変な人たちと交流するという話だ。

8

」 これはカオナシに両の手の平いっぱいの金を差し出されても、 「いらない、ほしくない。