卒業 式 ブローチ。 卒業式にコサージュは必要?ブローチや小物で代用OK!実例紹介

つまり、 つけなくてもいいんです。 お値段は3000円位~を目安に。 この場合は、はじめから厚手の生地の服を選ぶか、軽くて針の細いブローチをチョイスすることがポイントになります。

16

でも、付けないとマナー違反なの?? 結論。 ブローチとコサージュはどちらがいいの? ブローチの利点は、普段から服やバッグにつけることができるので、入学式以外でもさまざまな場面で活用できるという点です。

5

5mmのアコヤ真珠が3つ並んだ丸くてかわいいお花のブローチです。

13

お花以外の飾りが多い物や、キラキラ、テカテカ光る素材やフェルト生地も不向きです。 まれに右に流れるデザインのものも ありますが、 その場合は右側につけてOKです。

ただ、やはり卒業式はフォーマルな場所なので、クラフト的なコサージュにならないようにすることが大切です。 文中の画像でご紹介しているコサージュは、こちらからお求めいただけます。 こんな意味があるコサージュだけど 抵抗があるならつけなくてもOKなんです。

4

ポイント3.フリルやレース、ツヤのある素材をプラス インナーは光沢のある布に加え、たっぷりとしたフリルやドレープがあったりレースがついていたりすると、より慶事にふさわしくなります。

2

品のよいブローチや、金具のついたパンプスやバックなども活用しましょう。 お子様を抱っこする可能性がある場合や、学校まで遠い場合はお勧めではありません。

8

枯れないお花なので、あらかじめ用意しておけるので安心して準備できる。 合わせるのなら、 全体の色味や明るさなどを考慮した上で コーディネイトするのがおすすめです。

18