福島 自身。 福島県沖 震度6強のあとも地震相次ぐ 今後1週間程度注意を

女性は「10年前の東日本大震災ではほとんど被害がありませんでしたが、今回は縦と横の激しい揺れで屋根や壁も修理が必要になりました。 画像で確認してみましょう。

2

同市によると、住宅と住宅以外の建築物の被害は少なくとも198棟。 大熊町では、に入院中の患者と、隣接する老人介護施設の高齢者のうち227人が一時取り残された。 前日の13日には前震とみられるM5. 松島には津波が3階まで押し寄せたが、130人以上の避難者とともに4階に移動し、12日には全員が救出された。

建築ガラスの3割を生産する鹿島工場(のちのAGC)がある()が被災したうえ、にある専用港も破壊された。 加えて、東北6県でサービスステーション約220箇所が被災により営業困難となり、また、石油製品輸送用約150台被災するなど多大な被害が発生した ことにより、被災地は深刻な燃料不足に陥った。

6

また、家屋の損壊した状況に応じての免除を行う大学や、震災や計画停電の影響を考慮して開始を5月以降とする大学も増えている。 これらの内、2月6日22時16分の地震では小津波、4月7日の地震では負傷者1名を出している。 地震によるダムの決壊は日本初であり、世界的にも1999年ので決壊した石岡ダムなどについで稀有である。

12

東北電力管内では、4月7日16時までに停電世帯は16万戸まで減ったが、7日夜に起きた余震の直後に再び401万戸が停電した。

10

仙台市や名取市同様に中心市街地は内陸部にあったが、沿岸部の集落が壊滅した。

20