スプレッド シート データ の 入力 規則。 Google スプレッドシートのキーボード ショートカット

2" のように小数点数の形式で最小値、最大値、または特定の値を入力します。 またエクセルでも同じですが「保護」と違って「一切入力が出来ないように」はできません。 既にデータが入力されているセルにも、データの入力規則を適用できます。

1

iPhone• 表示形式が設定されていない 例えば「日付」。 セルに有効なデータと無効なデータの両方を入力してみて、設定が意図したとおりに機能し、予期したタイミングでメッセージが表示されることを確認します。

7

[ データ] ボックスで、使用する制限の種類をクリックします。 次の例では、ユーザーは abc と入力しましたが、これはそのセルの許容値ではありません。 上記の手順 1 から 2 に従います。

19

データの入力規則を使用して、ユーザーがセルに入力できるデータの種類または値を制限できます。 色々調べていくと、入力禁止の方法としては データの検証で「無効なデータの場合:」を「入力拒否」にする事で出来そうなのですが、 条件の部分がいまいちわからず、どうも上手くできません・・・。 UNIQUE関数に SORT 関数を組み合わせると、リストが昇順、降順に表示できてさらに便利です。

この種類のメッセージはセルの近くに表示されます。 [ データ] ボックスで、使用する制限の種類をクリックします。 オートフィル機能を使って曜日を入力することが出来ました。

20

ドロップダウン リストの幅よりも有効なエントリの幅が広い場合、エントリの一部が非表示にならないように、セルの幅を調整しなければならない場合があります。 データの入力規則の操作に関するヒント Excel でデータの入力規則を操作する際は、次のヒントやテクニックを使用します。

1

<目次>• 月曜日、火曜日、月曜日、火曜日・・・の繰り返しになりました。 ユーザー設定 - ユーザー設定の数式の場合です。

10

次の表では、その他のデータ入力規則と、規則をワークシートに追加する方法を示しています。