大阪 府 営業 時間 短縮 金 協力 金 申請 システム。 時短協力金、定休日も支給? 兵庫・京都は×、大阪は○ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

4.飲食店営業許可、喫茶店営業許可について 許可の有効期間が、1月14日から2月7日まで(2月6日までに閉店した場合は、閉店した日まで)の全ての期間を含むものであることが必要です。

14

)していること。 )を有すること。

19

)をしていること。

8

ただし、準備期間が必要な場合もあるため、1月18日から要請を遵守している場合も対象とします。

8

(ホームページやSNSなど、店舗の実在を表すインターネット上の情報がない場合) 内観写真、店舗の賃貸借契約書等(または不動産登記簿謄本(建物))• 要請の対象施設において、「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(業種別ガイドライン)」を遵守し、を導入(登録・掲示)していること。 )していること。 (3月1日以降に要請が解除されたにも関わらず、開店日から5月19日までの全ての期間を休業している場合は、本協力金の支給対象となりません。

16

この会議では、現在大阪市内の酒類提供飲食店に対する営業時間の短縮(時短営業)要請を大阪府全域に範囲を拡大することが決められました。

申請には大阪府営業時間短縮協力金システムの利用者登録が必要です。 )の導入をしていること。 この場合、通常の審査より時間がかかる場合があります。

10

電子申告の場合は「受信通知」の写しを添付して提出します。 概要 大阪府から新型コロナウイルス感染症の再拡大を防止すべく、令和3年1月14日から2月7日の25日の間に限り、営業時間短縮要請(時短営業)に全面的にご協力いただける飲食店等に対して、令和2年の休業要請支援金とは別に協力金(大阪府営業時間短縮協力金)が支給されます。

8

(例:「菓子製造業」、「食肉販売業」) 会見内容からの所見 大阪府を加えた7府県は、緊急事態宣言を発令し、飲食店等に対する営業時間の短縮(時短営業)や不要不急の外出を自粛する要請をしました。

6