デーヴィッド アイク。 【動画】コロナウィルスの真実 : デーヴィッド・アイク 世界支配階級のカルトが企む社会変革:天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」:天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」(天野統康)

では何を信じればいいのか? 結局はデーヴィッド・アイクには矛盾がない。 これら二つは完全に同じでした。 興味がある方はぜひ動画をご覧ください。

3

武漢でのコロナ患者とされる死因の殆どが全心不全や脊髄不全というような話は聞いたが、単なる肺炎と同じ症例で病院に緊急入院となった場合、コロナと特定するまでもなく同じ扱いを受けることになればどうなるか。 アイクによれば、PRSの典型的な例が9. 鉄道建設には、中国からの苦力と呼ばれる奴隷が使われた。

3

日本古代のは、と蛇の混合がテーマであった可能性がある。 賃金が据え置かれ下げられてきたのは、日本のサラリーマンだけなのです。 だから連中は長期自宅隔離をさせず、金のバラまきを拒否し、外食と旅行を薦めるための補助を出すというのだろう。

これは大規模な観察と研究なんです。

7

新型コロナウイルスの裏側に言及して世界的に話題を呼び、700万回の再生数を誇った。 <中小企業などの破産・倒産狙いか> 人とモノが動かなる社会では、生産活動など出来なくなる。 BBCも同じ日、この削除事件をトップページで取り上げた。

彼らは、より高いレヴェルからの指令によって動く裕福な「使い走り」だ。 実はテレビのオカルト番組は、子供の頃にいつもうさん臭いと思っていたが、肝心な情報をカットされていたから納得できなかったといえる。 メディアがあまりにも現実を見ずに、人としての認識も持たずに、誤った認識ばかりを流布しつづけているからである。

さて、多くの人にはショックでしょうが、コロナ・ウイルスなど無いのです。 翌7日、英国の公共放送BBCはを配信した。 ところが上記投稿でも引用させてもらった国際アナリストの田中宇さんのを読み、後述する動画を見て、それまで私がCovid-19に関してもっていた強い懸念や、現在感染拡大の続く各国の多くで採用されている政策が幻想であった、それこそ権力が大多数に望んでいたとおりの妄想に載っかっていた、洗脳されていたのではないかといったような、ある種の強い衝撃を受けました。

12

実際、イタリアやイランに対して様々な支援を始めていて、これをチャンスに影響力を獲得するという戦略に転換している。 しかし、他の遺伝子物質もまた大きくなるんです。

19