ざっくり 類語。 「ざっくり」とは?意味や使い方を解説します!

自由回答方式の• 大きく切れ目を入れるさま。 たった今発言されたことを参照して「Speaking of」を使う場合、「Speaking of which, 」(そのことだけど、)を使うこともある。

6

<<訳>>とりあえず詳細は横においといて、おおまかな要点をみていこう。

20

「取りあえずざっくりとしたところだけでも決めておこう」「ざっくりとした話し合い」「要旨をざっくりととらえる」• そして対義語における共通点は、対象についてより細かさを追求した言葉となります。

<シーン1> 「部長、例の資料ですが、大まかに作ってみました」 「ちょっと、大まかに作り過ぎではない?(もっと細かく作ってよ!)」 <シーン2> 「料金ですが、大体どのくらいになりますか?」 「大体の概算ですが、約20万円ぐらいですね」 シーン1のように、「ざっくりしすぎ」というような指摘を受けた場合は、 「もっと丁寧に作ってほしい」「もっと細かくして欲しい」というニュアンスになります。 副詞で存在していた分復権も早く、いまやこの意味が大辞泉にも載せられている言葉になっています。 「概略」の読み方と漢字• 「概略」を使った言葉と意味を解釈• [副] スル• <<例>>Please make a rough estimate of the cost. 4 金・米・砂などを、大量に、また、無造作につかんだりすくったりするさま。

「ざっくり(と)したセーター」. Roughly speaking, おおよそのところ、ざっと言えば Generally speaking, 一般的に言えば、 聞きなれた「speaking」という単語が出てきたので、ついでに「speaking」を使った前置き表現について触れたい。 1 力を込めて一気に切ったり割ったりするさま。 大きく切れ目を入れるさま。

12

と「日本辞典」というサイトに記述がありました。

11