į”Ÿ į‰Ąč Ŗ ãƒŦãƒŗジ。 【ãƒŦãƒŗジでį°Ąå˜ãĢč’¸ã—į‰Ąč Ŗ】į”Ÿã§éŖŸãšãĻも厉åŋƒ įžŽæĩ„į”Ÿį‰Ąč Ŗ むきčēĢとæŽģäģ˜ããŽčŠ°ã‚åˆã‚ã›đŸŽīŧšåēƒåŗļįœŒį”ŖīŊœéŖŸãšãƒãƒ§ã‚¯īŊœčž˛åŽļãƒģæŧå¸Ģぎį”Ŗį›´ãƒãƒƒãƒˆé€šč˛Š

į‰šæŽŠãĒ洗æĩ„抟ãĢかけãĻいるį‚ē、水でã‚ĩッと洗うだけでおåŦし上がりいただけぞす。 ã‚„ã•ã—ãåĄŠæ°´ã§ã‚‚ãŋ洗えたら、さãŖとæĩæ°´ã§æĩã—、キッチãƒŗペãƒŧパãƒŧã§æ°´æ°—ã‚’ã¨ã‚ŠåĄŠã“ã—ã‚‡ã†ã‚’ä¸Šã‹ã‚‰ã‹ã‘ãžã™ã€‚

1

こぎおかげであたるãƒĒ゚クが大きく下がりぞす。 おしぞい。

5

æŽģを開けるときãĢナイフをå…Ĩれる際、į‰Ąč ŖãŽæąãŒã§ãĻくることも多いぎで気をäģ˜ã‘ãĻください。

5

量が多いからå‘ŗは大したことãĒいだろうということはãĒく、一į˛’一į˛’ぎå‘ŗがæŋƒãã€ã¨ãĻもįžŽå‘ŗしいです。 さらãĢã‚šãƒŧパãƒŧでåŖ˛ã‚‰ã‚ŒãĻいるパックå…ĨりぎむきčēĢį‰Ąč Ŗを数パックéŖŸãšãĻいるぎですが、すでãĢäģŠæ—Ĩだけでそぎ数量を上回りそうãĒå‹ĸいです。 éŖŸå“ã‚’å›˛ã‚€ãŸãã•ã‚“ãŽįŦ‘éĄ”ã‚’æƒŗãŖãĻ、æ—Ĩ々大切ãĢ育ãĻãĻå‡ēčˇã—ãĻいぞす。

9

ただし少äēē数でそぎéƒŊåēĻできたãĻを少しずつéŖŸãšã‚‹ãĒら、é›ģ子ãƒŦãƒŗジãĢæ•ĩうもぎはいãĒい。

2

しかし僕ãĢそんãĒおいしいį‰Ąč Ŗã‚’č˛ˇã†ã‚ˆã†ãĒよゆうはãĒい。

せãŖかくé›ģ子ãƒŦãƒŗジで加į†ąã—たぎãĢあたるãĒんãĻåĢŒã§ã™ã‚ˆã­ã€‚ ゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧãƒĒãƒŗク į‰Ąč ŖをãƒŦãƒŗジで渊めãĻあたるぎかīŧŸ į‰Ąč ŖをãƒŦãƒŗジで渊めãĻéŖŸä¸­æ¯’ãĢあたるかおうかというと、ãƒŦãƒŗジで渊めãĻもあたるäēēはあたりぞす。

7