シェフィールド u 対 チェルシー。 チェルシー、シェフィールド・Uに4発逆転勝利で今季初のリーグ戦連勝!チアゴ・シウバが加入後初ゴール プレミアリーグ第8節

リヴァプールの優勝が決まったプレミアリーグだが、チャンピオンズリーグ出場権と残留争いは熾烈を極めており、前節3位に浮上したチェルシーもまだまだ油断はできない。 DAZNでの中継で解説を担当していたベンさんも言っていたが、早々に失点を許したことでクリーンシートが途絶えてしまった後のチェルシーのリアクションが良かった。 試合の流れとしては「いつチェルシーが追加点を取るのか」といった感じで、点差こそ1点だったもののシェフィールドを全く寄せ付けなかった。

ウォーカーはエリアの外から右足を振り抜き、ゴール左下隅に突き刺した。

13

リヴァプールの優勝が決まったプレミアリーグだが、チャンピオンズリーグ出場権と残留争いは熾烈を極めており、前節3位に浮上したチェルシーもまだまだ油断はできない。

スペイン [12月2日 22:56]• チェルシー相手にホームで2016年1月以来となる敗戦を喫した。 一方のマンチェスター・Cはチャンピオンズリーグのオリンピアコス戦を挟んで、FW南野拓実が所属するリヴァプールと8日にホームで対戦する。

9

ジエフの左足から放たれたボールは1年前とほぼ同じ軌道で、違っていたのは頭で擦らす選手がいたこと。 46分、エンダ・スティーヴンスが左サイドを突破すると、グラウンダーパスでペナルティーエリア内に折り返す。 昨季はホーム1敗でシーズンを終えたが、今季はここまで11試合を戦って、5勝2分け4敗。

18

67 昨日の試合は1失点目のマウントの判断ミスが一番大きな要因だったと思うけどね。 このようにサイドを変える場合は「IHの2度追い」と「WBの対応が間に合う」場合に行われることが多かった印象だ。 スペイン [12月2日 22:51]• セリエA [11月23日 8:54]• まとめ 昨季から継続して行っているチェルシーのサイドチェンジと背後を取る攻撃。

6

ジエフとカンテによるマークの受け渡しミスと、深い位置からのクロスに対するマイナスのスペースがガラ空きの守備であっさりと連続クリーンシートが途絶えてしまった。 それができるのが、下がってきているIHの存在だ。

1

終わりに 最後までご朗読ありがとうございます! もっと質の高いものを提供できるように精進して行きますので、これからもどうぞお付き合いよろしくお願いします! そこで、SNS関連のフォローをしてもらえると、嬉しい限りです! モチベーションにも繋がるので、フォロー等よろしくお願いします! オンラインサロンについて この記事の最初にも説明した通り、オンラインサロン蹴球塾を立ち上げました。 プレミア [11月30日 11:43]• 無失点継続と今季初のリーグ連勝を目指す今季未勝利の19位相手のホームゲームでは、3-0で勝利したチャンピオンズリーグ CL のスタッド・レンヌ戦からジョルジーニョに代えてコバチッチを起用した以外、同じメンバーを起用した。

開幕序盤は課題の守備の問題により、取りこぼしが目立った7位のチェルシーだが、新守護神メンディ、ズマとチアゴ・シウバのセンターバックコンビを中心とする守備の整備が進み、目下公式戦5試合連続クリーンシートと攻守の安定感が際立つ。 1点リードで後半へ折り返したチェルシーは77分、右サイドのCKからチアゴ・シウヴァがヘディングで合わせ、追加点を奪った。

14