じゃがいも 栽培 春。 ジャガイモ 春植え

寒冷地などでは、気温の上昇が遅れるため、 もう少し遅れても構いませんが、2月下旬~3月が基準となります。 このようなイモは植え付け後の出芽も早く、その後の生育の揃いもよくなる。

1

じゃがいもを育てるときは、植えつけ前から収穫にいたるまで、さまざまな点に気をつけなければいけません。

18

毎回ドキドキします。 本葉3~4枚になり霜の心配がなくなったら、太い芽を2本程度のこす。 春植えは気温が高いので結球しにくい。

4

ポチっ とクリックをおねがいします。 植え付けは9月9日。 ホクホク感はあまりなく、しっとりとした食感が特徴なので煮崩れがしにくいため、煮物や炒め物などに向いています。

芽が10cm位伸びた頃に丈夫な芽を1~2本残す。

9

芽がたくさん出ているところが頂点。 芽出しは必ずしも行う必要はありませんが、芽出しをすると種イモをそのまま植え付けたときよりも発芽がそろって、その後の生育がよくなります。 名前の通り、デンプン含有量がとても高く、このデンプンの量が吹雪を連想させることからこの名前がついています。

2012年12月9日 本日の大阪は雪がちらつきました。

8