モン ロワール 自由が丘。 神戸岡本発祥のチョコレート専門店【Mon Loire モンロワール】が自由が丘にあるので行ってきた

また、良い原料や食材、新しい手法があれば試したり、新鮮で美味しいものが出来るならば直ぐに採用し常に進化を臨んでいます。

様々な工程を経ているが故にチョコレートの価格は一般的なものと比べると相当高価な部類に属する。

11

チョコレート商戦を迎える年末からバレンタインデーにかけて、一体どれだけのチョコレートが販売されるのだろうか? その辺の興味は尽きない。 自由が丘店は2019年9月にオープンして以降、連日にぎわいを見せている。 「モンロワール」原材料名 例 リーフメモリー:砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、コーヒー、植物油脂、抹茶、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(カロチン) 「モンロワール」店舗&通販(お取り寄せ)情報 実店舗 本店のある神戸をはじめとし、全国各地に直営店、常設店が60店舗以上あります。

13

たまに自由が丘駅正面口のエクセルシオールの横でウィークリーショップが様々なものを出店しているが、チュペドショコラも販売しているときがあった。 ベリーベリーはストロベリーチョコに3種類のベリーが入っているホワイトチョコ。 調べてみますと、お店が関西を中心に西日本に多いのですね。

15

香りの効果についても。 誰にでも親しまれる本物のチョコレートを届ける株式会社モンロワール様。 なお、感染症の状況によって、再度営業時間を変更する可能性がございますので、詳しくは店舗までお問い合わせください。

8

カカオの分量が多いクーベルチュールチョコレートを使っているのが特徴だ。 一歩お店に入ると、ガラスショーケースに並ぶチョコレートが出迎え、お客様が買い回りしやすいよう、全体の商品が見やすいレイアウトとしています。 そして、平成4年、 モンロワールブランドの強化を図る事を目的とし、株式会社ロワールから、 有限会社モンロワールを分離独立しました。

「美味しいチョコはどれだ!」 本当に美味しいおすすめチョコ。 9月26日に自由が丘にチョコレート店「モンロワール」がオープン! 学園通りから少し入ったところ、野村證券の隣のビルの1Fになります。

5

ベルギー王室御用達であることと、5000店舗あるベルギーのチョコレートブランドの頂点に君臨するのがゴディバなことを考えれば、当たり前の結果ともいえる。 ちなみに、丸く成型した「生チョコトリュフ」もあり、こちらの方がよりカジュアルなお値段です。

16