顔合わせ 親 の 服装。 【両家顔合わせの基礎知識 】場所や服装・手土産まで事前準備が大切です

ただ、 前提として顔合わせの服装にルールはありません。

5

ベルトの色や特徴 革製の黒か茶色がいいです。

5

学生の場合は制服でもよく、大学生や成人の場合はスーツやワンピース、ジャケットスタイルなどできちんと感を出し、清楚な印象に仕上げると顔合せの場にマッチするでしょう。 詳細は以下をチェック!• でも食事会だけであれば、費用は両家で折半、手土産などの贈り物はそれぞれ贈る側が負担するのが一般的です。

7

ウエディングの事情に精通したレストランや式場での顔合わせなら、クオリティの高い食事はもちろん、食事を運ぶタイミングなど細やかな配慮があるので、安心して和やかな時間を過ごすことができます。

3

「色留袖」は従来「既婚女性が着るもの」とされていましたが、最近では未婚の人が着てもOKだと言われています。 [両家顔合わせ]母親の服装選び5つのポイント• フォーマルな会場 顔合わせ食事会の会場は結納代わりにフォーマルな形式でおこなう場合も。 新郎があいさつをし、乾杯をします。

スーツの柄 ストライプ柄や千鳥格子など、落ち着いた柄は問題はありません。 婚約の場としてフォーマルな食事会の服装を心がけます。 きっちりとした清潔感を出すことが大切ですよ。