西川 みわ。 長澤まさみ×西川美和監督「生きづらい世界で、言葉は凶器にも救いにもなる」(菊地 陽子)

22歳で「結婚しない人生」を選んだ? 西川美和監督は22歳で「結婚しない人生」を選んだ」そうです。

13

2006年、再びオリジナル脚本・監督した『』が公開。 「女神のかかと」(2005年) - 監督・脚本• 同年4月からは、読売新聞の読書委員として、日曜日(随時)に書評を執筆している。

10

2002年に平凡な一家の転覆劇を描いた『蛇イチゴ』でオリジナル脚本・監督デビュー。 2016年に自身により映画化。

3

、2014年)• 特にのファンで『』の主人公に「きぬがささちお(表記は衣笠幸夫)」と命名した。

5

「スタッフが若くて女性も多い。 また、映画『ゆれる』を自らノベライズした同名小説()が、第20回の候補となった。 長澤 是枝さんが、「見ていいよ」っていうから覗いたんです。

『ゆれる』( 、2006年。 三上が抱える不安感は、新型コロナ禍を経て「生きる上での息苦しさや、人と触れ合うことのかけがいのなさがより実感されるようになった」(西川監督)現在、より強く見る者に迫るのではないだろうか。 人物 [ ] 作曲家としても数多くの曲を作っているが、楽譜が読めないことを公言している。

長年憧れていた名優、役所広司を迎えて。 そして、それがことごとく挫かれていくなかで喜びや悲しみがあるんです。

1

エピソード オリジナル脚本の『蛇イチゴ』と『ゆれる』は、いずれも自身が見た夢が題材となっている。

17