花山院 の 出家 品詞 分解。 古文「花山天皇の出家」の謙譲語

名詞 noun 名詞は英語の中で最も基本的な品詞であり、その特徴もシンプル。

18

と =格助詞 危ふさ =名詞 に =格助詞 東 とう 三 さん 条 じょう 殿 どの は、「もしさることやし給ふ。 」 とおっしゃって、歩き出しなさる時に、弘徽殿女御のお手紙で、普段破り捨てず残して、御身から離さずご覧になっていたお手紙をお思い出しになって、 「しばらく 待て。 つまり、「参らせ」と一語とみて、謙譲の補助動詞とみるのがいいですね。

16

」 と、一尺 ばかりの刀どもを抜きかけて ぞ守り 申し ける。 要は、花山院が出家して天皇の座を降りれば、粟田殿と東三条殿にとって都合が良いため、普段から粟田殿が花山院の忠実な家臣としてふるまい、この時ようやく花山院を出家させることに成功したということである。

15

おとなしき =シク活用の形容詞「大人し(おとなし)」の連体形、年配で頭だっている。

1

[東ざまに] 東の方に。 さて、いったい何がわかって、何がわからないのでしょうか?こういうあたりをはっきりさせることが重要な作業です。

様式、手本。 [さやけき影] 明るい月の光。

作者からの敬意。

12