日本 コロナ 死亡 数。 世界中で日本だけ「コロナ感染のグラフがおかしい」という不気味 絶対的な死者数は少ないのだが…

米国の感染者150万を突破、死亡者9万人超に(5月19日) 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計で、日本時間19日朝、米国の感染者数が150万人、死亡者数が9万人を超えた。 米国815. せめて買い占めや、感染者への非難や、医療者への心無い批判といった、 社会不安をもう少しおさえることはできないでしょうか。

18

世界全体(1543万人)の感染者の4分の1以上が米国に集中している。 子供向けや外国の方向けの窓口、家庭内の暴力に関する相談窓口も 生活に困ったときの相談窓口• 死亡者は21万8000人。

13

インドが米国に次ぐ世界第2位の感染国に(9月7日) 米ジョンズ・ホプキンス大の集計で、日本時間7日午後9時の時点でインドの感染者数が420. PCR検査数が少ないから? ちなみに、日本のコロナ感染者数は死亡者数が少ないのは、 「PCR検査数が少ない」という指摘もあります。 他が多いからなんなのか? 少ないからどうなのか? 人の死は多寡によらず、つらく悲しいものです。 専門家が警告していたとおり、秋の訪れとともにコロナの感染者が激増しているが、その陰では同じく深刻な問題が発生し、日本国民の命を奪っている。

6

中国の武漢で新型コロナウイルスによる肺炎が発生していることが報じられるようになったのが2019年の年末。 今のところ「憶測」でしか推し量ることができないようです。

20

はそこそこ聞きますね。

6

(参照:CBS NEWS) しかし、そんな「自殺大国」でも、コロナショック下での自殺者数の増加は海外メディアにとって衝撃的だったようだ。

3

米国の感染者数が世界最多に(3月26日) 米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、米国の感染者数は26日に8万3507人となり、中国(8万1782人)やイタリア(8万589人)を抜いて国別で世界最多となった。 このこと自体はいいことですね。 そう、日本の医療・介護事業だけでなく経済活動から学校活動までありとあらゆる人間の活動に大きな影響を与えた『コロナ禍』で、果たして日本の死亡総数がどれだけ増加したのか?という素朴かつ最も重要な事実がこの統計で分かるからです。

中でも、米国508. 米国の1日の感染者数が18万人に(11月14日) 米ジョンズ・ホプキンス大の集計で日本時間14日午後9時時点で、世界全体の新型コロナウイルス感染者は5347. 世界の感染者1600万人に(7月26日) 米ジョンズ・ホプキンス大の集計で世界の感染者が日本時間26日、1600万人を突破した。

18

5万人まで増加。 イタリア、スペインなど先行して感染爆発が起こった国での増加ペースがやや緩んだ一方で、ロシアや、ブラジル、ペルーなどの南米諸国の急伸が顕著となっている。