ヨルムンガンド 打ち切り。 漫画「ヨルムンガンド」の最終回のネタバレと感想!お得に読む方法も

ヨナが見つけた答えは、「戦いをやめれば平和になる」のではなく「強制的に平和を作る」ことだったようです。 同作品はに連載終了(全11巻)、また同年4月には化された。 「現実」というくびきに縛られながらなお「希望」という別のくびきを欲する人間、この哀れで滑稽な人間観をどう評価するかでこの作品の評価は変わるでしょう。

2

彼がスパイであったことを知るのは、死亡前に告白されたココのみであり、分隊員には伏せられたままである。 ナッソス(初出:第23話「モンド・グロッソ Phase 3」) 声 - B国の元国営関連企業EAE(ユーロ・エリアル・エンジン)社の専務。 現在は生産、販売共に終了している。

20

ココの\/の口が特に好き。 部下に対して威圧的であり、階級が上だったカレンに対しても慇懃無礼な態度を取る。

5

愛銃はと。 結局、この騒動はチェキータの介入によって無血で収まっている。

16

負傷した彼女は、生き残りの部下2人を伴いイラク北の山岳部に潜伏するが、激怒したココによって潜伏地一帯を爆撃するという報復に遭い、その手に掛かる前に自決した。 戦闘ヘリ『ハインドD』の部品を積んだ トラックの輸送団が入国してきた。 概要 ココ・ヘクマティアルの私兵ヨナ達の、鉄と火薬で出来た日々を描く漫画。

8

本人が「自分の名前を忘れてしまう」と冗談めかすほど数多くの異名を持ち、「アディーブ」や、アールが呼ぶ「ソウ()」もその1つ。 ココにCIAのスケアクロウや アフリカで暗躍する大星海公司について 忠告を与えたキャスパーだが、 トイレで偶然ヨナに遭遇。 キャスパーは「(本社と衛星と物流のパッケージングにより)将来的に武器商人が要らなくなる」と貶している。

「英語はなかなかのもの」と評される反面、理数系は嫌いで2桁同士の掛け算にも苦戦し、よく授業を脱走して担当者を困らせている。 武器商人としてのビジネスと、そこに群がる敵の排除を重ねていくヨナ達だったが、その裏でココのある「計画」が浮かびあがってくる。

非常に裁量が大きく、ほとんどココの独断で行動している。

そして来るべきに備え、宙域に展開。 そのため、当のココがヨナにべったりである事にずいぶんを感じているらしい。 カリーの護衛。

5