看護 師 国 試 問題。 プチナース国試部 no.34

いわゆる解剖生理学というのは、本来は「解剖学」と「生理学」という別々のものです。

4

研修を受けるには10年以上の実務経験が必要である。 1 静脈注射 2 診断書の交付 3 末梢静脈路の確保 4 人工呼吸器の設定の変更 第105回看護師国家試験 午後問題5 答は「2 診断書の交付」です。

4

執筆:大塚真弓(看護師国家試験対策アドバイザー) Illustration:Masafumi Ono• みなさんが勉強している教科書には、はっきりと『解剖生理学』と書かれているかもしれませんが、 実はそんな学問はありません。 まずは、必修問題です。 動画があるので見てみましょう。

10

そう、正解です。

8

保健師助産師看護師法で「特定行為研修を行う学校、病院その他の者であつて、 厚生労働大臣が指定するもの」を特定行為の指定研修機関と定めている。 これまでやってきたようにたくさんの問題をやらなくても、ひとつの問題を深くじっくりやった方が、いいかもしれません。

7

特定行為については今後も出題されると思われるので注意しよう。 事前申請を原則とし、申請先は 市町村となっています。

3

『レビューブック』に情報を集約 は、看護国試で出題される全範囲を一冊にまとめた参考書です。 (ぎょうせい しょぶん)というのは看護師免許が使えなくなってしまったりするというpenaltyのことです。

18