ゼルダ の 伝説 35 周年。 『ゼルダの伝説』35周年 ムジュラでロマニーがキャトられるイベントで変な性癖付いた奴いそう

シリーズで2番めに高く評価されたゲームで,時のオカリナに次ぐ評価を得ている。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

8

クリアには必須というわけではありません。 だからこそ35年間も世界の人を魅了していると思うのです。 シリーズの意思決定者の1人である任天堂の青沼英二氏がトワイライトプリンセスでファンが期待していたものをより重視するようになるまでは。

15

なんと本日で発売から35周年という大きな節目を迎えることとなった。 「しかし,ゲームは一度しかプレイできません」と氏は語る。 現在続編が開発中であり、2021年内に続報が発表されることが明らかになっている。

20

当時は賛否両論でしたが、今となっては評価の高い一作です。 はちま起稿,オレ的ゲーム速報 刃などへの転載はご遠慮ください。

1

そして35周年記念作品として発売された『 』のように、節目に リマスターとして過去作が発売される可能性も十分高いです! 以前、 Switch版『 ゼルダの伝説 スカイウォードソード』が発売されるなんて噂もありましたからね。 現在続編が開発中であり、2021年内に続報が発表されることが明らかになっている。

8

「ゼルダの伝説」シリーズは、主人公「リンク」を操り、ダンジョンやフィールド上の謎を解きながら冒険するアクションRPG。 全世界のゲームファンに大きな衝撃を与えたのが記憶に新しい。 と同時に現在も続く同シリーズの記念すべき始まりの日でもある。

11

それから『ゼルダの伝説 時のオカリナ』、『ゼルダの伝説 風のタクト』、『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』、『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』などの名作を生み出していくことになる。

7

「それはあなたの手を取ったり,直線的な道を歩ませようとはしていませんでした。 (中略) 以降、本作はシリーズ化。 あのゲームのアイデアの多くは,トワイライトプリンセスで本当にやりたかったのにできなかったものだったのです」 Rubio氏は,このような反復と再発明のプロセスこそがシリーズの強みであると主張し,ゼルダを「35年の歴史の中でゲームデザインのマスタークラス」だと指摘している。

9