浦和 競馬 予想。 2020年7月23日 浦和競馬予想

馬体重をキープできてれいば、当然今回も好勝負ですが、減らしてくるようならバッサリ切っちゃってもいいと思います。 この馬がロードブレスに先着する馬券も買いますが、ロードブレスが勝った場合の相手は堅実に2,3着に走ってくるデルマルーヴルの方が良さそう。

18

スッとハナに立ったまでは良かったものの、ルメール騎乗のチュウワウィザードが何を考えたか終始競りかけてくるという逃げ馬には相当厳しい展開。 7 -着候補 タービランス 減点Aa• ヒストリーメイカー 着外候補馬• 2番人気が3歳馬ダノンファラオ。 まさしく単穴という感じの馬で、そんなイメージでこの馬は考えたい。

4

まず無料メルマガ登録後• 8秒差の4着に凡退…。 地方での2戦は畑端騎手の腕のなさだけではない感じがします。

4

1番人気は、日本テレビ盃快勝で勢いに乗るロードブレス。

9

浦和コースは今回が初めてになりますが、今まで見せてきた抜群の立ち回りセンスと自在性からも苦手にしている可能性はまずないはず。 そんなイメージで三連単のフォーメーションを買ってみたいが、人気馬が本命ということもあってそこまで買いたいレースでもありません。

1

ローテが狂った点は誤算ですが、その後はすぐに乗り出せたので、状態面の不安はなしとみます。 2】で複勝率71%、単回収値353、複回収値127の好データ該当馬です。 リンノは前走の道営記念で番手に控えて持ち味激減。

相手(カフェファラオ)の破綻があったとはいえ、ジャパンダートダービーは2番手抜け出し快勝。

実際に3コーナー地点で11秒台のラップを刻んでおり、普通の馬ならこの時点で脱落するような展開だったが、そこからラスト1F地点まで粘って5着を確保。 ダービーも視野に入っていた好素材だけに1勝クラスのここは負けられない。 gmailやyahooなどのアドレスでしたら受信可能ですので、お手元に届かないという方は改めて登録し直して頂けますようよろしくお願いします。

12

あちらが圧勝もあれば惨敗もありそうなピンかパータイプなのに対して、こちらはほとんど崩れるイメージがない安定型。 というわけで予想の発表。

1