進撃 の 巨人 夢 小説。 エレンの薬問題(幼児化)

小柄だが、蹴り技主体の対人格闘術に優れた能力を持つ。 実質的に高低差を無視して行動できるのが利点。 応力制御のための装備であり、血流制御のためのとは目的が異なる。

12

書誌情報 単行本 この節のが望まれています。 リヴァイは「エレンには死にもの狂いになれる環境が相応しい」として、生き残った104期生の中からミカサ、アルミン、ジャン、コニー、サシャ、クリスタを新生リヴァイ班に加える。 外壁に硬質化で作成した檻の中に巨人をおびき寄せ、滑車とチェーンを使い吊り下げたこれまた硬質化で作成した大質量の槌を頭上より投下し、うなじごと潰して駆逐する仕組み。

4

この際、ベルトに掛ける重心バランスを意図的に変えたり、伸ばしたワイヤーを障害物などに当てて急激な軌道変更を行ったりすることで、高速かつ三次元的な機動を実現し、巨人に捕獲されることを防いでいる。 ただし壁に群がった巨人に対しては、うなじを直接狙えるため本来の威力を発揮する。

18

始祖ユミル(しそユミル) 「大地の悪魔」と契約して巨人の力を手に入れた原初の巨人にして巨人化能力者となった少女。

通常種(つうじょうしゅ) 記録では743年ごろに出現し、人類の大半を食い尽くしたとされる謎の存在。 また、巨人科学研究に秀でている。 input:not [disabled] :focus:hover,. 2020年11月にはの前に「エレン・ミカサ・アルミンの少年期の銅像」が設置された。

11

中央第一憲兵団 一般的には「王都の憲兵」として王室により近い所属の憲兵として知られており、王都以外の場所で公式に活動することは少ない。 そのため、主人公の性別・種族は問わず、作品傾向も恋愛だけでなく、友情やギャグなども該当する。 巨人化の薬(きょじんかのくすり) ある特定の人間を巨人化させる薬で、注射または経口投与で被投与者が巨人化する。