呪術 廻 戦 登場 人物。 呪術廻戦 登場人物 キャラ まとめ

冥冥とその関係者 [ ] 冥冥(めいめい) 1級呪術師。 渋谷事変では、サイドテールの呪詛師に痛めつけられた。 必殺技は逕庭拳、黒閃。

13

好きな食べ物はに合うもの(生姜そのものではないらしい)。 故郷の田舎にて、呪術師であることを理由に住人たちから虐待されていたところを夏油に救われて以来、彼に心酔している。 盤星教に彼女の遺体を引き渡した直後、反転術式で生還した五条に敗れ、2・3年後に自分の息子が禪院家に売られること告げて死亡する。

8

術式は無限を操る「無下限呪術」。 のちに、里香が乙骨に呪いをかけて怨霊と化したのではなく、乙骨が彼女への執着心から、彼女に呪いをかけたことで怨霊にしていたことが判明し、乙骨が主従制約を破棄したことで解呪が実現した。 関連記事 狗巻棘 名前 狗巻棘 いぬまきとげ 所属 都立呪術高等専門学校2年 前日譚1年 階級 準1級 術式 呪言 狗巻棘は呪術高専の2年生で、すでに準1級の呪術師。

10

短気で頑固者、見舞いなんて俺以外来やしない でもじいちゃんは正しく4ねたと思うよ 虎杖はじいちゃんの特徴についてこんなことを言っています。

7

虎杖抹殺の命令を受けていましたが、自分と女性のタイプが同じだったことで運命を感じた東堂の脳裏には、「二人は同中だった」というありもしない記憶が…。 ただし、「ろくでなし」の彼と関わるのは「仕事か地獄でだけ」と決めている。

10

冷静沈着で物事を俯瞰的に観ることができる。 さらに、左肩には「供花」(くげ)と呼ばれる目玉のついた花があり、左腕で周囲の植物の命を呪力に還元することで、開花させたうえで、その呪力を放出することができる。

乙骨は現在海外に留学しています。 「呪いの女王」とも称される。 加茂家で蔑まれている母への強い思い、そして加茂家次代当主としての自覚から、宿儺の器という危険性が未知数の虎杖を処刑すべきだと考えています。

17

冥冥曰く「術式なしで1級まで上り詰めた」とのことだが、その強さは未知数。