平成72年 令和。 閏年(うるう年)

令和2年度報奨金記入説明書

97 印西市 2. 50 200,419 169,228 6,267,917 平成31(令和元)年 381,127 6. 07%と、前年の5. 常用雇用労働者は、算定基礎日に在職している方のみカ ウントします。 33 銚子市 1. 30人に比べ0.。 68 流山市 2. 件名:磐田市農業委員会の委員任命につき同意を求めることについて• 4%)で最も多く、以下、酒々井町20,452人(同0. 69人と続き、逆に最も少ないのは市川市の2. 近年の社会増減を増減率(各年1月1日現在人口に対する社会増減総数の割合)でみると、昭和37年から50年までは2%以上の増加率で、そのうち昭和44年は、3. 6%)で最も多く、郡部人口198,816人(同3. 4%を占めている。 9倍となっている。 49 203,069 172,992 6,139,750 21年 368,613 5. 25 5 長柄町 2. 審議結果:同意 議案第70号• 外国人登録制度は新しい在留管理制度の導入により廃止された。 うち、外国人の自然増減は、増減数1,001人(出生1,250人、死亡249人)で、前年の855人(出生1,091人、死亡236人)に比べ出生が159人増加し、死亡が13人増加して自然増減数は146人増加した。 人口増減率の推移(昭和36年~平成31(令和元)年) 表1. 25%、勝浦市2. 5%を下回って推移していたが平成23年に初めてマイナスに転じ、平成31(令和元)年も-0. 件名:磐田市農業委員会の委員任命につき同意を求めることについて• 39 印西市 2. 60 2 市川市 1. 世帯数及び世帯人員数の推移(昭和36年~令和2年、各年1月1日現在) 人口移動総数38万1千人、移動率6. 73 鋸南町 2. 件名:磐田市ふるさと応援基金条例の制定について• 13 印西市 2. 25 4 匝瑳市 2. (4)報奨金の算定例(注1) 各月ごとの労働者数を把握する日をいいます。

Next

1994年(平成6年)生まれ~年齢・干支・学歴・厄年早見表

27人 令和2年1月1日現在の本県の世帯数は2,768,891世帯で、前年の世帯数2,730,901世帯に比べて37,990世帯増加し、増減率では1. 50 流山市 2. 毎月末日時点の地区別人口と世帯数を載せたものと、条丁目ごとの細かい人口と世帯数を載せたもの、異動事由別人口動態の3種類を掲載しています。 60% 平成31(令和元)年中の人口増減を市町村別にみると、14市で人口が増加し、40市町村で減少した。 1%)の順となっている。 審議結果:原案可決(全会一致) 議案第58号• 03人減少した。 60%で最も大きく、以下、印西市2. 審議結果:原案可決(全会一致) 議案第62号• 90 浦安市 0. 件名:令和2年度今之浦市有地屋根付広場建設工事(建築)請負契約の締結について• 県世帯数277万世帯、1世帯当たり人員は2. 報告第8号:令和元年度磐田市一般会計事故繰越し繰越計算書について• 48 195,000 164,831 6,254,216 30年 369,647 5. 03 2 鋸南町 2. 報告第9号:令和元年度磐田市下水道事業会計予算繰越計算書について• また、本県の外国人人口を市町村別にみると、千葉市が23,324人(県外国人人口に占める割合16. 3%)、九十九里町15,034人(同0. 2%)の順となっている。 件名:磐田市農業委員会の委員任命につき同意を求めることについて• 43 197,477 171,136 6,177,586 22年 354,989 5. 調査の沿革• 14人、船橋市2. 28 207,073 190,246 6,020,313 16年 384,037 6. 511. また、平成31(令和元)年の転入超過率(各年7月1日現在人口に対する転入超過数の割合)は0. 審議結果:原案可決(全会一致) 議案第63号• 1世帯当たり人員は2. 遅生まれの入学年・卒業年早見表 学歴 入学(4月) 卒業(3月) 小学校 2001年 平成13年 2007年 平成19年 中学校 2007年 平成19年 2010年 平成22年 高校 2010年 平成22年 2013年 平成25年 短大・専門学校 2013年 平成25年 2015年 平成27年 4年制大学 2017年 平成29年 6年制大学 2019年 平成31年 早生まれの人の入学年・卒業年早見表 学歴 入学(4月) 卒業(3月) 小学校 2000年 平成12年 2006年 平成18年 中学校 2006年 平成18年 2009年 平成21年 高校 2009年 平成21年 2012年 平成24年 短大・専門学校 2012年 平成26年 2014年 平成26年 4年制大学 2016年 平成28年 6年制大学 2018年 平成30年 1994年(平成6年)生まれの人の厄年 厄年は、人生の節目や体調の変化が表れやすく慎重に過ごすべきとされる年齢です。

Next

閏年(うるう年)

千葉県との転入・転出超過上位都道府県(平成27年~平成31(令和元)年)(単位:人) 順位 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 平成31(令和元)年 都道府県 転入超過数 都道府県 転入超過数 都道府県 転入超過数 都道府県 転入超過数 都道府県 転入超過数 1 茨城県 1,363 茨城県 1,657 茨城県 1,292 茨城県 1,512 茨城県 1,018 2 福岡県 1,220 大阪府 1,200 福岡県 1,200 大阪府 1,276 大阪府 1,000 3 北海道 1,142 福岡県 1,127 大阪府 886 福岡県 1,002 福岡県 966 4 大阪府 886 兵庫県 911 宮城県 805 宮城県 892 愛知県 956 5 兵庫県 882 北海道 816 青森県 709 北海道 681 兵庫県 836 順位 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 平成31(令和元)年 都道府県 転出超過数 都道府県 転出超過数 都道府県 転出超過数 都道府県 転出超過数 都道府県 転出超過数 1 東京都 5,760 東京都 1,953 東京都 1,165 東京都 1,939 東京都 2,374 2 神奈川県 542 埼玉県 887 埼玉県 646 神奈川県 1,135 神奈川県 1,886 3 埼玉県 516 神奈川県 65 神奈川県 559 埼玉県 936 埼玉県 1298 4 群馬県 13 群馬県 86 鳥取県 14 滋賀県 58 5 三重県 12 沖縄県 9. 52 206,801 174,326 6,277,952 表6. 80 20,620 0. なお、留年などの理由で、入学・卒業が早見表とは異なる場合は、早見表の年齢を調整の上、ご活用ください。 件名:財産の取得について• 94 銚子市 2. 審議結果:原案可決(全会一致) 議案第64号• 5各月ごとの算定基礎日における常用雇用労働者数の4%の年度間合計数(1人未満の端数は切り捨て)33333333344439 人 72人72 人 101010101011. 件名:磐田市農業委員会の委員任命につき同意を求めることについて• 審議結果:同意 議案第78号• また、本県の外国人数は令和2年1月1日現在138,673人で、前年の127,029人に比べ11,644人、率にして9. 42 203,438 177,789 6,102,892 20年 376,061 6. 14% 平成31(令和元)年中の本県の人口増減は、増減数8,623人、増減率0. 件名:磐田市農業委員会の委員任命につき同意を求めることについて• 74 勝浦市 2. P45~47を参照ください。 前年の増減数27,478人(転入200,419人、転出169,228人、県内の移動-361人、その他-3,352人)と比較すると転入が6,382人増加、転出が5,098人増加、県内の移動が61人増加、その他が169人減少している。 報告第5号:定期監査結果の報告について• 件名:磐田市農業委員会の委員任命につき同意を求めることについて• 10 勝浦市 2. 72人、印西市2. 39%となり、人口増減率0. 報告第7号:令和元年度磐田市一般会計繰越明許費繰越計算書について• 8%)の順で続き、この5市で県人口の48. 03%で最も大きく、以下、長柄町2. 72 長南町 2. 96 四街道市 0. 西暦 年齢 令和 平成 昭和 大正 2020年 0歳 令和2年 平成32年 昭和95年 大正109年 2019年 1歳 令和元年 平成31年 昭和94年 大正108年 2018年 2歳 -1年 平成30年 昭和93年 大正107年 2017年 3歳 -2年 平成29年 昭和92年 大正106年 2016年 4歳 -3年 平成28年 昭和91年 大正105年 2015年 5歳 -4年 平成27年 昭和90年 大正104年 2014年 6歳 -5年 平成26年 昭和89年 大正103年 2013年 7歳 -6年 平成25年 昭和88年 大正102年 2012年 8歳 -7年 平成24年 昭和87年 大正101年 2011年 9歳 -8年 平成23年 昭和86年 大正100年 2010年 10歳 -9年 平成22年 昭和85年 大正99年 2009年 11歳 -10年 平成21年 昭和84年 大正98年 2008年 12歳 -11年 平成20年 昭和83年 大正97年 2007年 13歳 -12年 平成19年 昭和82年 大正96年 2006年 14歳 -13年 平成18年 昭和81年 大正95年 2005年 15歳 -14年 平成17年 昭和80年 大正94年 2004年 16歳 -15年 平成16年 昭和79年 大正93年 2003年 17歳 -16年 平成15年 昭和78年 大正92年 2002年 18歳 -17年 平成14年 昭和77年 大正91年 2001年 19歳 -18年 平成13年 昭和76年 大正90年 2000年 20歳 -19年 平成12年 昭和75年 大正89年 1999年 21歳 -20年 平成11年 昭和74年 大正88年 1998年 22歳 -21年 平成10年 昭和73年 大正87年 1997年 23歳 -22年 平成9年 昭和72年 大正86年 1996年 24歳 -23年 平成8年 昭和71年 大正85年 1995年 25歳 -24年 平成7年 昭和70年 大正84年 1994年 26歳 -25年 平成6年 昭和69年 大正83年 1993年 27歳 -26年 平成5年 昭和68年 大正82年 1992年 28歳 -27年 平成4年 昭和67年 大正81年 1991年 29歳 -28年 平成3年 昭和66年 大正80年 1990年 30歳 -29年 平成2年 昭和65年 大正79年 1989年 31歳 -30年 平成元年 昭和64年 大正78年 1988年 32歳 -31年 -1年 昭和63年 大正77年 1987年 33歳 -32年 -2年 昭和62年 大正76年 1986年 34歳 -33年 -3年 昭和61年 大正75年 1985年 35歳 -34年 -4年 昭和60年 大正74年 1984年 36歳 -35年 -5年 昭和59年 大正73年 1983年 37歳 -36年 -6年 昭和58年 大正72年 1982年 38歳 -37年 -7年 昭和57年 大正71年 1981年 39歳 -38年 -8年 昭和56年 大正70年 1980年 40歳 -39年 -9年 昭和55年 大正69年 1979年 41歳 -40年 -10年 昭和54年 大正68年 1978年 42歳 -41年 -11年 昭和53年 大正67年 1977年 43歳 -42年 -12年 昭和52年 大正66年 1976年 44歳 -43年 -13年 昭和51年 大正65年 1975年 45歳 -44年 -14年 昭和50年 大正64年 1974年 46歳 -45年 -15年 昭和49年 大正63年 1973年 47歳 -46年 -16年 昭和48年 大正62年 1972年 48歳 -47年 -17年 昭和47年 大正61年 1971年 49歳 -48年 -18年 昭和46年 大正60年 1970年 50歳 -49年 -19年 昭和45年 大正59年 1969年 51歳 -50年 -20年 昭和44年 大正58年 1968年 52歳 -51年 -21年 昭和43年 大正57年 1967年 53歳 -52年 -22年 昭和42年 大正56年 1966年 54歳 -53年 -23年 昭和41年 大正55年 1965年 55歳 -54年 -24年 昭和40年 大正54年 1964年 56歳 -55年 -25年 昭和39年 大正53年 1963年 57歳 -56年 -26年 昭和38年 大正52年 1962年 58歳 -57年 -27年 昭和37年 大正51年 1961年 59歳 -58年 -28年 昭和36年 大正50年 1960年 60歳 -59年 -29年 昭和35年 大正49年 1959年 61歳 -60年 -30年 昭和34年 大正48年 1958年 62歳 -61年 -31年 昭和33年 大正47年 1957年 63歳 -62年 -32年 昭和32年 大正46年 1956年 64歳 -63年 -33年 昭和31年 大正45年 1955年 65歳 -64年 -34年 昭和30年 大正44年 1954年 66歳 -65年 -35年 昭和29年 大正43年 1953年 67歳 -66年 -36年 昭和28年 大正42年 1952年 68歳 -67年 -37年 昭和27年 大正41年 1951年 69歳 -68年 -38年 昭和26年 大正40年 1950年 70歳 -69年 -39年 昭和25年 大正39年 1949年 71歳 -70年 -40年 昭和24年 大正38年 1948年 72歳 -71年 -41年 昭和23年 大正37年 1947年 73歳 -72年 -42年 昭和22年 大正36年 1946年 74歳 -73年 -43年 昭和21年 大正35年 1945年 75歳 -74年 -44年 昭和20年 大正34年 1944年 76歳 -75年 -45年 昭和19年 大正33年 1943年 77歳 -76年 -46年 昭和18年 大正32年 1942年 78歳 -77年 -47年 昭和17年 大正31年 1941年 79歳 -78年 -48年 昭和16年 大正30年 1940年 80歳 -79年 -49年 昭和15年 大正29年 1939年 81歳 -80年 -50年 昭和14年 大正28年 1938年 82歳 -81年 -51年 昭和13年 大正27年 1937年 83歳 -82年 -52年 昭和12年 大正26年 1936年 84歳 -83年 -53年 昭和11年 大正25年 1935年 85歳 -84年 -54年 昭和10年 大正24年 1934年 86歳 -85年 -55年 昭和9年 大正23年 1933年 87歳 -86年 -56年 昭和8年 大正22年 1932年 88歳 -87年 -57年 昭和7年 大正21年 1931年 89歳 -88年 -58年 昭和6年 大正20年 1930年 90歳 -89年 -59年 昭和5年 大正19年 1929年 91歳 -90年 -60年 昭和4年 大正18年 1928年 92歳 -91年 -61年 昭和3年 大正17年 1927年 93歳 -92年 -62年 昭和2年 大正16年 1926年 94歳 -93年 -63年 昭和元年 大正15年 1925年 95歳 -94年 -64年 -1年 大正14年 1924年 96歳 -95年 -65年 -2年 大正13年 1923年 97歳 -96年 -66年 -3年 大正12年 1922年 98歳 -97年 -67年 -4年 大正11年 1921年 99歳 -98年 -68年 -5年 大正10年 1920年 100歳 -99年 -69年 -6年 大正9年 1919年 101歳 -100年 -70年 -7年 大正8年 1918年 102歳 -101年 -71年 -8年 大正7年 1917年 103歳 -102年 -72年 -9年 大正6年 1916年 104歳 -103年 -73年 -10年 大正5年 1915年 105歳 -104年 -74年 -11年 大正4年 1914年 106歳 -105年 -75年 -12年 大正3年 1913年 107歳 -106年 -76年 -13年 大正2年 1912年 108歳 -107年 -77年 -14年 大正元年 1911年 109歳 -108年 -78年 -15年 -1年 1910年 110歳 -109年 -79年 -16年 -2年 1909年 111歳 -110年 -80年 -17年 -3年 1908年 112歳 -111年 -81年 -18年 -4年 1907年 113歳 -112年 -82年 -19年 -5年 1906年 114歳 -113年 -83年 -20年 -6年 1905年 115歳 -114年 -84年 -21年 -7年 1904年 116歳 -115年 -85年 -22年 -8年 1903年 117歳 -116年 -86年 -23年 -9年 1902年 118歳 -117年 -87年 -24年 -10年 1901年 119歳 -118年 -88年 -25年 -11年 1900年 120歳 -119年 -89年 -26年 -12年. 2倍の人口密度となっている。 件名:人権擁護委員の候補者推薦につき意見を求めることについて• 32 浦安市 1. 17ポイント上昇した。 35 6,233 0. 82%、長南町2. 17%の順となっている。

Next

西暦/昭和/平成/令和 早見表

人口増減数上位5市町村(平成27年~平成31(令和元)年)(単位:人) 順位 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 平成31(令和元)年 市町村 増加数 市町村 増加数 市町村 増加数 市町村 増加数 市町村 増加数 1 市川市 9,299 流山市 4,389 流山市 4,823 流山市 5,074 流山市 4,942 2 千葉市 5,487 市川市 4,184 船橋市 4,580 船橋市 4,081 柏市 4,892 3 柏市 5,275 船橋市 4,128 市川市 3,861 柏市 3,595 船橋市 3,340 4 船橋市 3,872 柏市 3,689 柏市 3,743 市川市 2,931 市川市 2,656 5 流山市 3,525 習志野市 3,023 千葉市 2,226 千葉市 2,217 千葉市 2,467 順位 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 平成31(令和元)年 市町村 減少数 市町村 減少数 市町村 減少数 市町村 減少数 市町村 減少数 1 市原市 2,002 銚子市 1,191 市原市 1,386 銚子市 1,374 香取市 1,367 2 香取市 1,053 香取市 1,033 銚子市 1,297 市原市 968 銚子市 1,357 3 銚子市 960 君津市 895 香取市 1,144 八街市 947 市原市 1,354 4 君津市 952 八街市 707 君津市 948 香取市 933 君津市 926 5 匝瑳市 887 山武市 704 旭市 826 君津市 793 八街市 834 表3. 72% より増加した。 質問日6月16日(火曜)• 30 15,435 0. 60 16,827 0. 11 167,276 160,294 6,191,925 26年 328,341 5. 審議結果:原案可決(賛成多数) 議案第54号• 件名:磐田市農業委員会の委員任命につき同意を求めることについて• 89 順位 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 平成31(令和元)年 市町村 減少率 市町村 減少率 市町村 減少率 市町村 減少率 市町村 減少率 1 白子町 2. 面積について 県及び各市区町村の面積は、令和元年10月1日現在、国土交通省国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」による。 71 鋸南町 1. 25 25,649 0. 審議結果:原案可決(全会一致) 議案第61号• 76 芝山町 2. 件名:磐田市農業委員会の委員任命につき同意を求めることについて• 24 197,865 183,020 6,073,549 19年 381,227 6. 23 3 木更津市 1. 遅生まれ・早生まれ別に用意しております。 審議結果:原案可決(全会一致) 議案第65号• 平成27年国勢調査によると、本県の人口は、6,222,666人で全国第6位となっている。 6%)、柏市8,454人(同6. 男性は数え42歳、 女性は数え33歳が、一生で最も注意すべき 大厄です。

Next

1994年(平成6年)生まれ~年齢・干支・学歴・厄年早見表

14%よりも高い率となっている。 2%)の約4. 74 流山市 2. ページ番号 1008416 更新日 2020年7月2日 市議会に提出された議案名、各議員の一般質問項目をお知らせします。 本県の人口は、大正9年10月1日現在(国勢調査)1,336,155人で、その後増加を続け、昭和49年11月1日現在では400万人を超えて、4,002,808人となった。 02ポイント上昇した。 昭和36年は千葉県人口動態調査結果(千葉県人口動態調査要綱)• 4人/平方キロメートル、市町村別人口密度は浦安市が9,849. 17%で、前年 10,193人、8. 14%増加した。 511. 35 185,161 163,182 6,207,032 28年 347,940 5. 自然増減数は減少 平成31(令和元)年中の自然増減は、増減数-20,031人(出生42,133人、死亡62,164人)で、前年の-15,246人(出生44,591人、死亡59,837人)に比べ出生が2,458人減少し、死亡が2,327人増加して自然増減数は4,785人減少した。

Next

西暦/昭和/平成/令和 早見表

逆に、減少率では鋸南町が3. 07%、四街道市0. 審議結果:原案可決(全会一致) 諮問第2号• 県人口密度1,217. 27 14,845 0. 件名:磐田市農業委員会の委員任命につき同意を求めることについて• 66 鋸南町 3. 件名:磐田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について• 昭和37年~昭和41年は千葉県毎月人口調査結果(千葉県毎月人口調査要綱)• 20%)より減少した。 07% 平成31(令和元)年中の県外との移動者総数(転入者数と転出者数の和)は、381,127人で前年の369,647人に比べ11,480人増加し、移動率(各年7月1日現在人口に対する移動者総数の割合)は6. 審議結果:同意 議案第82号• 審議結果:同意 議案第68号• 昭和42年~平成3年は千葉県毎月常住人口調査結果(千葉県毎月常住人口調査規則)• 52%となり、前年の0. 17 図4. 市町村別人口増減率(平成31年1月~令和元年12月) 画像をクリックすると拡大できます。 7人/平方キロメートルで最高 本県の人口密度は、令和2年1月1日現在1,217. 件名:磐田市農業委員会の委員任命につき同意を求めることについて• 2%を占めている。 89 八千代市 0. 逆に、減少数では香取市が1,367人で最も多く、以下、銚子市1,357人、市原市1,354人、君津市926人、八街市834人の順となっている。 93 袖ケ浦市 1. その後、平成23年に初めてマイナスに転じて以降、平成25年(-0. 55 長柄町 2. 月別動態別人口増減数(平成31(令和元)年中)(単位:人) 区分 人口増減数 自然増減 社会増減 増減数 出生 死亡 増減数 転入 転出 県内の移動 その他 1 月中 -1,960 -3,059 3,747 6,806 1099 12,646 11,106 -168 -273 2 月中 -1,955 -2,312 3,221 5,533 357 12,793 12,050 -288 -98 3 月中 1,314 -1,742 3,269 5,011 3,056 35,113 30,734 -884 -439 4 月中 8,847 -1,598 3,247 4,845 10,445 29,798 19,844 749 -258 5 月中 1,696 -1414 3,869 5,283 3,110 16,076 12,985 309 -290 6 月中 -108 -986 3,308 4,294 878 13,978 12,727 -140 -233 7 月中 786 -1223 3,791 5,014 2,009 16,134 13,659 101 -567 8 月中 -979 -1221 3,638 4,859 242 14,359 13,725 -28 -364 9 月中 1267 -1233 3,593 4,826 2500 15,345 12,420 -183 -242 10 月中 938 -1,532 3,666 5,198 2,470 15,076 12,551 190 -245 11 月中 -790 -1,812 3,358 5,170 1,022 12,287 11,050 -47 -168 12 月中 -433 -1,899 3,426 5,325 1466 13,196 11,475 89 -344 計 8,623 -20,031 42,133 62,164 28,654 206,801 174,326 -300 -3,521 注)その他とは、職権による記載・消除等をいう。 79 袖ケ浦市 0. 件名: 磐田市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について• 審議結果:同意 議案第75号• 増加数では、流山市が4,942人で最も多く、以下、柏市4,892人、船橋市3,340人、市川市2,656人、千葉市2,467人と続いている。

Next

2009年(平成21年)生まれの年齢早見表|西暦や元号から今何歳?を計算

18 167,006 178,424 6,215,256 24年 333,281 5. 審議結果:原案可決(全会一致) 議案第87号• また、外国人は前年の増減数9,338人(転入44,526人、転出29,589人、県内の移動-75人、その他-5,524人)と比較すると転入が6,486人増加、転出が5,247人増加、県内の移動が16人増加、その他が50人増加している。 一般質問 質問日6月15日(月曜)• 23 208,251 194,497 5,943,886 13年 405,122 6. また、増加率では流山市が2. 90 31,191 0. 審議結果:原案可決(全会一致) 議案第67号• 72 九十九里町 2. 06 勝浦市 2. 90%に比べて0. 報告第6号:行政監査結果の報告について• 53 四街道市 0. 86 九十九里町 2. なお、偽りその他不正の行為に より支給を受けた場合は、支給額の全部又は一部を返還していただきます。 73 12,669 0. 人口密度を市町村別にみると、浦安市が9,849. 審議結果:同意 議案第69号• 32%となった。 審議結果:同意 議案第71号• 件名:磐田市農業委員会の委員任命につき同意を求めることについて• 審議結果:原案可決(全会一致) 議案第57号• 9%)、松戸市13,876人(同10. 15 4 八千代市 1. 件名: 磐田市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定について• なお、県外(46都道府県)との関係は、41道府県から転入超過となり、5都県へ転出超過となっている。 審議結果:原案可決(全会一致) 議案第59号• 2%)、市川市495,639人(同7. ただし、支給要件の障害者数は、72人を超える数となります。 近年の人口増減率の推移をみると、昭和42年から49年までは4%以上の増加率であったが、昭和57年からは1%台で推移、平成5年には1%を割った。

Next