俺 ガイル 14 巻 考察。 俺ガイルの考察。葉山隼人の好きなYとは? │ どくだみ

翔んで埼玉を先日拝見したばかりでして、、、、筆者は九[…]• あと、熟女と小学生は、、、犯罪ですし。 僕の最大限の願いが1つの形になってくれたという嬉しさでいっぱいのハッピーエンドでした。

俺ガイル小説版14巻の感想と考察。 欺瞞であり、壊れるものであり、嘘っぱちであり、そんなものはいらない、と。

ここで言えば、葉山は「君が誰かを助けるのは、誰かに助けられたいと願っているからじゃないのか」と言うわけだが、そう言う 葉山こそが、誰かに助けを求められたい、誰かに救いを求められたいという願望・欲望を持っているのではないだろうか。

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 曖昧なひねくれた八幡に対して、逆に、逆告白ですよ。 大分キモイあり得ないものを欲しているのです。

1

ただ、八幡も雪乃も面倒くさい奴らなので、たまに顔を合わせて、適当な世間話をして、それなりの付き合いといった一般的な付き合いが出来ない人たちです。

9

……なんか、待ってみたかったから (第14巻より) けれど、彼女はただ受け身で構えていたわけでもなく、自ら関わりを持ったうえで八幡たちの答えを待つ選択をした。 わからないことはひどく怖いことだから。 逆に葉山には一切興味を示さないのは、陽乃と同じ考えの持ち主だからでしょう。

12