ボルト ネタバレ。 ナルトネタバレまとめ!最終回の内容や真のラスボスの正体

「常に最善だと思うことをやって、その結果がどんなものであっても受け止める覚悟をしている」のだと。 話の一部始終を聞いていたカワキとしては、当然納得いかないですよね。

19

しかし、読者の予想とは反して、本気の2人を簡単に凌駕してしまいます。 「今のイッシキの狙いはただ一つ、カワキだ」 「イッシキの余命はわずか数日、当然このまま黙っているわけがない、命が尽きる前に再びカワキにカーマを刻むつもりでいるはずだ、カワキを器(うつわ)として再び転生を可能にするためにな・・・」 「故に、君らが向こうへ攻め入ったとしても、わざわざそれを迎え撃つ必要性が奴にはないってことさ、何なら君らを無視して飛んでくるかも知れん、カワキのいる木ノ葉の里へな・・・」 アマドの話を聞いたカタスケは、「あんなのがここで暴れたら・・・里はめちゃくちゃになりますよ!」と言い、アマドは、「カワキがここにいる以上、奴の襲来は避けようがない」と言います。

10

そもそもナルトが、「こいつ!!強すぎる!!!」と言っちゃうくらいですからね、かなりの強敵なんだろうと思います。

3

父親のナルトがそうだったように、目の前の仲間を護るためなら死ねる!とか言いそうですね。 そんな中、サスケは1つの疑問を投げ掛けます。

9

もしも自来也が果心居士と関係しているのだとしたら、最終的にはラスボス・敵ではなく、ナルトやボルトに手を貸し力を与えてくれる存在になる可能性もあるのではないでしょうか! また、自来也として導く姿が見てみたいですね~。

ジゲンの体内で養分を吸収しながら、寄生虫のように生きているのだというイッシキ。 サスケはボルトに言います。 一番期待しているのは、ナルトが果心居士と戦うという展開ですね! もしかすると、戦いの舞台はカワキを狙ってきたイッシキが、木の葉を攻めてくるような状況になっているかもしれません。

18

カワキ「お前も七代目 ナルト と同じ所に送ってやるよ ボルト」• ボルトは少し考えて答えます。 ボルト52話ネタバレの考察|生贄のボルトはどうなる? これまで謎に包まれていた大筒木がなぜ二人一組で来るのか?という謎が判明されました。 それを見たナルトは、(オレがジゲンに連れ去られた時と同じような術・・・ボルトあいつ・・・!)と驚きます。

サスケ「ボルト。

14

この点に関する考察として、「物語の終盤で上位版が開眼される」というものがあります。 もしイッシキ対策ノープランで亡命してきたのであれば、それはそれで面白いですが(笑) そもそも、アマドの予定ではナルトはまだ棺の中に囚われていて、ボロに監視されてるはずなんですよね。