ど した ん 話 聞こ うか。 ★元市民課職員の危ない話★

なので、視聴者の方と共に毎週楽しみに視聴したいと思います。

17

<永山絢斗さん> 今回の脚本も宮藤さんの色がとても濃く出ていて、笑いました。

5

家族と離れて住んでる。 縛りとゆるさを併せ持ち、頭の中はカオス状態になっている男を早く演じてみたいです。 「超感覚的知覚 ユリララ」にて主演。

16

しかし、自分には才能がないことを悟った踊介は能の世界で生きることを諦め、それでも父の役に立ちたくて弁護士になった。 42歳の思い出にさせていただきます。

3

奇跡的に一命を取り留めた寿三郎が婚約者として紹介したのが、介護ヘルパーのさくらだった。 そして、主演の長瀬さんは、強いエネルギーを発していて、ほかの方にはない魅力を持っている方なので、一緒に芝居ができるのがとても楽しみな方です。

14

「呪い」なのです。 想像以上になるんだろうなあ。 宮藤脚本のドラマで長瀬と共演するのは、2010年放送の『うぬぼれ刑事』第4話にゲスト出演して以来11年ぶりとなる。

13

どこか懐かしいような、それでいてまったく新しい形のホームドラマ『俺の家の話』にご期待ください。

20

家族と謎のヘルパー女性を巻き込んで、介護と遺産相続を巡る激しいバトルのゴングが鳴る!! 生きていたら誰もが経験する 「人生の関門」=介護と相続 観山家は少し変わった設定の家族だが、どの家族にもあるような「悩み」を抱えていて、どの家族にもあるような「喜び」を感じて生きている。 「長瀬くんと次やるなら、プロレスラーが親の介護をするホームドラマがいいです」 こんな提案を受け入れてくれるプロデューサーは磯山さんだけだし、なんの疑問も持たずに肉体作りに励んでくれるのは長瀬くんしかいません。

6