å›Ŋ光 か よこ。 å›Ŋ光かよこ

傍ãĢ寄りæˇģãŖãĻããŽæ™‚é–“ã‚’å…¨åŠ›ã§å…ąæœ‰ã—ãĻくれる、そんãĒåŊŧらåŊŧåĨŗらぎためãĢåƒ•ãŸãĄãŒã—ãĻあげられること。 ã˛ã‚ã—ãžæē€į‚šãƒžãƒž! ã‚ŗãƒĒãƒŗéšŠå“Ą åŖ° - įŽ‹å­č­ˇčĄ›æ­´1嚴。

14

æ¨Ēį”° å›Ŋ光īŧˆã‚ˆã“た くãĢãŋつīŧ‰ åŖ° - éģ„ぎæˆĻåŖĢ。 文化įŗģįĄŦ洞ぎįŸĨįš„ãĒ少嚴。 ãã†čĄ¨įžã•ã‚Œã‚‹ãƒ¯ãƒŗã‚ŗãŸãĄã€‚

9

įŽ‹å­ãŽäģ•æŽ›ã‘たį››å¤§ãĒドッキãƒĒãĢは「æ“Ŧæ­ģčĄŒå‹•ã‚’ä¸€åēĻやãŖãĻãŋたかãŖた」というį†į”ąã ã‘でæ­ģäŊ“åŊšã¨ã—ãĻ協力しãĻいた。 ãã†ã€é‹ã‚’å›˛ã‚€æ™‚é–“ã¯æœ€éĢ˜ãŽã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗ。 äēē間ãĢ集å›Ŗで取りäģ˜ãįŋ’性があり、æ”ģ撃したį›¸æ‰‹ã‚„逆ãĢåĢŒãŒãŖãĻ逃げようとするį›¸æ‰‹ãĢは喜んでäŊ™č¨ˆãĢ取りäģ˜ã“うとする。

4

äŊœä¸­ã§ã¯ä¸€č˛ĢしãĻ「バã‚ĢįŽ‹å­ã€ã¨å‘ŧばれãĻいたが、最įĩ‚åˇģでそれがæœŦ名だãŖたことが明らかãĢãĒる。

20

それがį”ˇã¨åĨŗぎ場合ãĒらãĒおさらだ。 čĨŋã‚‚æąã‚‚å—ã‚‚ãã‚Œãžã‚Œã„ã‚ã„ã‚ãĒåŊĸぎæ–Ŋį­–ã‚’æ¤œč¨Žã—ãĻいきぞす。

11

フãƒĢネãƒŧムは「厉į”°ãŋさこ」。 とくãĢã‚šãƒŧツは、世į•ŒãŽį”ˇæ€§ãŽæ¨™æē–服。 そんãĒã“ã¨ã‚’č¸ãžãˆãĒがら、įžŽå‘ŗã—ã„ãŠč‚‰ãŽį‰šé›†ã§ã™ã€‚

12

えīŧŸ ãĒんぎæē–備かãŖãĻīŧŸ 遊ãŗぎæē–å‚™ãĢæąēぞãŖãĻいるじゃありぞせんかīŧ じつは嚴æœĢåš´å§‹ã¯ã‚ãĄã‚‰ã“ãĄã‚‰ã§æĨŊしいイベãƒŗトがį››ã‚Šã ãã•ã‚“。

16

éŖŸäēēéŦŧįˇ¨ [ ] ぎ途中、同į´šį”ŸãŒåŒã˜å­Ļæ ĄãŽäŊ•č€…かãĢ喰われるところをåļį„ļį›Žæ’ƒã—ãĻしぞãŖたæ‚Ēã‚Ŧキ4äēēįĩ„は、æŦĄã¯č‡Ē分達ぎį•ĒではãĒいかと怯え、č‡Ēåˇąé˜˛čĄ›ãŽãŸã‚ãĢįŠ¯äēēæŽĸしを始めた。

さãĻ、ビッグトãƒŦãƒŗãƒ‰ä¸åœ¨ã¨č¨€ã‚ã‚Œã‚‹æ˜¨äģŠã€ãã‚Œã§ã‚‚čĄ—ãŽãŠæ´’čŊãĒã‚Ēトã‚ŗã¯ã˛ã¨å‘ŗ違うį€ã“ãĒã—ã§čĄ—ãŽåŊŠã‚ŠãŽä¸€åŠŠã¨ãĒãŖãĻいるようです。 こぎįŸ­įˇ¨ãŽãŋįŽ‹å­ãŒäŊœä¸­ã§æã„たæŧĢį”ģīŧˆã€ã‚ĸãƒ‹ãƒĄį‰ˆã§ã¯īŧ‰ã¨ãĒãŖãĻいる。 うえむら īŧ°īŧ˛ãŽå‹•į”ģをäŊœãŖãĻå…Ŧ開したら、たくさんぎäēēãĢčĻ‹ãĻもらえぞすね。

16