Firefox キャッシュ クリア。 ブラウザの更新 スーパーリロード

ただし、現在は昔に比べ、光回線やLTEなど通信速度が非常に速くなっているため、キャッシュがなくても比較的すぐに表示される場合が多いです。 図8 「about:cache」でキャッシュの保存場所を確認します。 今回は(できれば!)200を返します。

11

以下の説明で使用したブラウザのバージョンは次の通り。

7

そのためキャッシュをどこに保存するかで、パフォーマンスにも違いが出てきます。 図9 右クリックメニューから「リセット」を選択し、Firefoxを再起動します 物理メモリにキャッシュを保存する 利用できる物理メモリの制限が大きく緩和された64bit版のOSでは、物理メモリをキャッシュとして活用することでパフォーマンスを改善できます。

5

例えばウェブサイト上で特定のページ上で更新があった場合に、実際には更新しているはずがキャッシュを読み込んでしまうことで以前のデータをそのまま表示してしまい、更新されていないように見えることがある。 なぜキャッシュデータを取りに行くの? サーバーのデータを取りに行くより早いからです。

2

以下に手順を紹介します。

5

SSDを搭載したパソコンなら、キャッシュの保存場所を変更するメリットはほとんどありません。 CSSを追記・更新したのに、表示が崩れていた。 メニューボタン をクリックし、 オプション 環境設定 設定 を選択します。

9

まず、初回Webページを表示する際は、必要なファイルデータを全てダウンロードしながら、ぺージを表示します。 [送信]をクリックするだけです• まずはcache viewerのインストール方法について述べさせていただきます。 ページの中を参照していただき、diskという項目を探してください。

16

画面をみていただくと保存場所にあるキャッシュファイルのリストが表示されています。 コンテンツプロセス数が大きいと、複数のタブを開いた時でもブラウザのパフォーマンスは良くなります。 ショートカットキーを使うのでとても簡単ですので、リロードしても更新されていない場合にお試しください。

6

右クリックしていただくと一覧が表示されますので、ブラウザでひらくを選ぶとブラウザにて参照することができます。 右側にペインが表示され、HTTPリクエストを編集できます。

6