田村 まみ 結果。 田村麻美

田村まみ

、、広島女学院高等学校卒業。 問3:教育の充実を図るために憲法の改正が必要だと思いますか。 2019年(令和元年)7月21日に行われた比例区に公認で立候補。 回答:政府の今の外交方針でよい• 「無回答」は回答自体がなかったもの。 同年4月、(現・)に就職。

Next

田村まみ

問8:改正入管法が成立し、政府は今後5年間で最大34万人の外国人労働者を受け入れる方針です。 2012年12月16日投開票 自公320議席超、民主は壊滅的敗北。 問2:憲法9条の改正について、あなたの考えに近いのはどれですか。 田村まみの経歴プロフィール 最後まで笑顔で頑張ります!期日前投票した方も、もう一人二人と声かけお願いします! — 田村まみ mamitamuratw 田村まみさんはUAゼンセンが擁立した国政へ向けた、第25回参議院議員選挙(比例代表)組織内候補者です。 参院の役職については原則、「参院」を省略。 誰もが安心して生活できることを政策に唱えているので、庶民の味方として当選し国民民主党の国会議員として頑張っていただきたいと思います。 回答:思わない• 幼少期から高等学校を卒業するまでは、広島で家族と暮らす。

Next

田村まみの経歴プロフィールとイオンでの評判は?公明党との関係と所属政党についても

— AWUEC noinuwaki 今後の活躍に期待したいですね。 2011年(平成23年)から(UAゼンセン)の役員を務める。 例として、本来は先の臨時国会 で成立させるべき災害被害に充当 する2019年度補正予算を今国 会で審議したこと。 田村まみさんを擁立している政党は国民民主党です。 新たな気持ちでスタートしますので、引き続きよろしくお願いいたします」と挨拶し、久保会長と固い握手を交わしました。 2016年7月31日投開票 小池百合子氏が増田氏や鳥越氏ら破り、女性初の都知事に• 田村まみさんは現在「UAゼンセン政策グループの政治局員」という役職についています。 2017年10月22日投開票 自民、公明両党で定数の「3分の2」を維持し、与党が大勝。

Next

田村まみ

回答:将来にわたって検討すべきではない• 来歴 [ ] 出身。 私達の政策を実現するために全力を尽くします」と決意を述べました。 2012年12月16日投開票 石原氏が突然の降板 都知事選に猪瀬直樹氏が初当選. また、パートタイマーの処遇の改善に向けても取り組まれ大きな成果を出しているので評判は良いかと思われます。 問18:同性婚を制度的に認めるべきだと考えますか。 UAゼンセンとは「全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟」の略称 繊維・化学・医薬化粧品・食品・流通・百貨店・ホテル・医療介護福祉・派遣業などの産業に従事する労働者によって組織される産業別労働組合。

Next

比例区 候補者

プロフィール 東京生まれ。 私 が当選してから3度目の国会です が、国民目線からかけ離れている と感じた事が多々ありました。 私の会社もUAゼンセンに加盟しているので田村まみさんを応援しています。 問10:韓国の元徴用工訴訟などの歴史問題を巡り、日本と韓国の関係は冷え切っています。 ・中国にはより強い態度で臨むのが良い。 問9:原発は日本に必要だと思いますか。

Next

田村まみ(タムラマミ)|政治家情報|選挙ドットコム

回答:法律を尊重し、各政党は早期に男女均等にすべきだ• 経歴を見てもらえば分かると思いますが、 入社間もなくデイリー主任を任されたり、入社わずか3年でエリアマネージャーに就任しているので、上司や部下からも信頼があり評判は良かったのではないでしょうか。 一方、私は予算委員会、厚生労 働委員会や地方創生及び消費者問 題に関する特別委員会において、 雇用調整助成金やソーシャルワー...。 名鑑の見方 当は当選。 自民党の派閥略称は(細)=細田派、(麻)=麻生派、(竹)=竹下派、(岸)=岸田派、(二)=二階派、(破)=石破派、(石)=石原派。 1.誰もが自ら選択でチャレンジできる「共生社会」 一人ひとりがワーク・ライフ・バランスを実現できる働き方の構築 正規も非正規もない、一人ひとりに納得でき生活できる賃金の実現 復職支援制度や学び直しの機会の提供の促進 介護する側もされる側も必要な支援が受けられる介護サービスの充実 介護人材確保と地域包括ケアシステム構築の促進 すべての人があきらめることのない、バリアフリーな働き方の促進 障がい者が地域で尊厳をもって生活する権利を保障した共生社会の構築 2.誰もが仕事と家庭(子育て)を両立できる「安心社会」 子ども自身が健やかに育っていける社会、子育て支援の強化 働き方のニーズに応じて預けることができる保育所・学童保育の整備 子育てに関わる人材の処遇確保と子供の権利である「教育」の充実 困ったときは助け合う、みんなで支える安心の社会保障の再構築 子どもも若者も高齢者も、全世代を支援する社会保障制度の実現 性別や年齢、雇用形態によらず公正で明確で将来にわたって安心できる公的年金制度の構築 3.誰もが健康で安全に住み続けられる「地域社会」 みんなの生活を支える働く場がある地域社会づくり 地域の特性を活かした地場産業の育成・振興 みんなが暮らしやすい地域社会づくり 子育てや介護、医療など、みんなが働き続けることを支援できる仕組みを整備 みんなが住み続けられる地域社会づくり 防災や減災の対策、道路や公共施設の老朽化対策、必要な交通網の整備、環境にやさしい対策等 みんなが健やかに安全に暮らせる地域社会づくり 環境保全と地球温暖化問題への取り組みを強化 食の安全を確保し、食品ロスを減らすための施策の拡充 誰もが平等になるような世の中を目指し、老若男女すべてに優しい社会になるような政策を訴えていますね。 まとめ 参院選挙に比例区から立候補しているイオン出身の田村まみさんの経歴プロフィールをまとめてみました。 回答:思わない• これからの子どもたちのことや自分たちの老後の生活など、私達の身近な生活や暮らしについてなど中心に政策を唱えているので共感できます。

Next

2019参院選 国民 比例 田村麻美

また、その日の午前10時過ぎ、さっそくNCCU本部に足を運んでくれた田村まみさんは、NCCU書記局員を前に、「全国の皆さんの支えで当選できました。 260,324票を得て、党内トップ当選を果たした。 国会議員ではありません。 そんな 田村まみさんは、どんな 理念・政策を掲げているのか見ていきます。 ・同性婚を制度的に認めるべき。

Next