ã‚ˇã‚¯ãƒŠãƒĄãƒŗ 元気 が ãĒい。 ã‚ˇã‚¯ãƒŠãƒĄãƒŗがしおれるīŧčŒŽãŒãĩãĢゃãĩãĢゃしãĻ倒れる原因と垊æ´ģæ–šæŗ•

č‘‰ã‚’æŽģき分けると丸いįŽ‰įŠļぎもぎが土から半分でãĻいぞすが、これがįƒæ šã§ã™ã€‚ 1嚴ぎč‚Ĩ劚がありぞす。

4

下を向いãĻいるぎは、比čŧƒįš„éĢ˜ã„äŊįŊŽīŧˆã¨ã¯č¨€ãŖãĻもäģŠãŽã¨ã“ろ一į•ĒéĢ˜ã„äŊįŊŽã§īŧ‘ãƒĄãƒŧトãƒĢぐらいãĒぎですがīŧ‰ãĢã‚ã‚‹č•žã§ã€ã‚‚ãŖとäŊŽã„äŊįŊŽãĢã‚ã‚‹čŒŽã‚„č‘‰ãŖãąã¯ã€ãģã¨ã‚“ãŠã‚ˇãƒŖキッと上を向いãĻいぞす。 ã˛ã¨æœˆå‰į¨‹ãĢčŗŧå…Ĩã—ãŸã‚ˇã‚¯ãƒŠãƒĄãƒŗが、į”ģ像ぎ通り、すãŖかり元気がãĒくãĒãŖãĻしぞいぞした。 čŒļč‰˛ããĒãŖãĻきãĻã„ã‚‹č‘‰ã¯å‰ĒåŽšã—ãŸæ–šãŒč‰¯ã„ãŽã§ã—ã‚‡ã†ã‹īŧŸ äģŠã¯čŒļč‰˛ãåš˛äšžãŗたぎだけ切りぞした。

18

ぞず、土が多いとぎご指摘でしたぎで、旊速土を少し取り除き 土éĸから半分äŊįƒæ šãŒčĻ‹ãˆã‚‹æ§˜ãĢしãĻãŋぞした。

äģŠãŽæ‰€ã€č‘‰ãĢã‚Ģビがį”ŸãˆãĻいたり、ã‚ĸãƒ–ãƒŠãƒ ã‚ˇãŒã¤ã„ãĻいたりといãŖたäē‹ã¯ãĒさそうです。

18

å…ˇäŊ“įš„ãĢはハイポネック゚īŧˆåŽŸæļ˛īŧ‰ã‚„芹åˇĨå ´īŧˆåŽŸæļ˛īŧ‰ãĒおがありぞす。 ãĩと気がついたら土ぎ上ãĢかãŗぎようãĒもぎがčĻ‹ã¤ã‹ã‚Šãžã—た。 「é‰ĸぎãĩãĄã‹ã‚‰ãŸãŖãˇã‚Šã‚ã’ãĻ、下ãĢčŊãĄãŸæ°´ã¯æ¨ãĻる」ぎ「čŊãĄã‚‹ã€é‡ãŒå¤šã™ãŽã‚‹ãŽã¯ã‚„ã‚ŠéŽãŽã§ã™ã€‚

10

ãƒģčŠąã ã‘ã§ãĒãã€č‘‰ã‚‚éģ„č‰˛ãæž¯ã‚ŒãĻきたらæ Ē元から摘ãŋ取ãŖãĻください。 1嚴ぎč‚Ĩ劚があり、ãƒĒãƒŗ酸成分ぎ多いįˇŠåŠšæ€§åŒ–å­Ļč‚Ĩæ–™ã§čŠąäģ˜ããŒč‰¯ããĒりぞす。 そうãĒらãĒいį‚ēãĢも、æ—Ĩé ƒã‹ã‚‰æ šã‚’č…ã‚‰ã›ãĒいようãĢ、大切ãĢ育ãĻãĻあげることが大äē‹ã§ã™īŧ 最垌ãĢã€ãŠæą‚ã‚ã„ãŸã ã„ãŸã‚ˇã‚¯ãƒŠãƒĄãƒŗぎį”Ÿį”Ŗč€…ã•ã‚“ãĢよãŖãĻ育ãĻ斚がį•°ãĒるため、ごåŽļåē­ã§ãŽįŽĄį†ãŽäģ•æ–šã‚‚į•°ãĒãŖãĻきぞす。

18

éĸå€’ã§ã‚‚č‘‰ã‚’å¯„ã›ãĻ、é‰ĸãŽå‘¨å›˛ã‹ã‚‰åœŸ ãĢį›´æŽĨ水を与えぞす。

14

įƒæ šéĄžã¯æŽ˜ã‚Ščŋ”すäē‹ã‚‚可čƒŊですが、もしį™ē栚しãĻいãĻ掘りčŋ”したäē‹ã§å‚ˇã¤ã‘ãĻしぞãŖたらãƒģãƒģãƒģと思うとäŊ•ã‚‚å‡ēæĨぞせんでした。 äģŠæœã€æ°´éŖりãĢ行ãŖãŸã‚‰åœŸãŽčĄ¨éĸがã‚Ģチã‚ĢチãĢå›ēぞãŖãĻしぞãŖãĻいぞした。

それらぎé‰ĸは、æ—ĨåŊ“ãŸã‚ŠãŽč‰¯ã„é›¨ãŽã‹ã‹ã‚‰ãĒいベナãƒŗダãĢįŊŽã„ãĻありぞす。

1