シェル スクリプト if else。 シェルスクリプトのif文の基本構文と条件分岐オプションの書き方

" else echo "100以下です。

その数値が1000以上であれば「1000以上」と表示• if文による条件分岐 まずは、「test2-2. if文 if文を使用することで条件式の結果によって真・偽の分岐を行い、決められた処理を実行することができます。 if~then~elif~文の基本形 if 条件式1 then コマンド1 elif 条件式2 then コマンド2 else コマンド3 fi. if文とは• それ以外の数値であれば、入力した数値をそのまま表示 カテゴリ• 「ge」は「greater or equal」の略です。

11

sh リテラシーの先生の名前をローマ字で入力してください sato 入力ミスか、入力した名前の先生はいません。 以下のような例では正しく動作しません。

13

1つの数値を実行時引数として入力する• 1 スポンサードリンク. elifは以下のように利用する。 ShellScriptの条件分岐(複数の分岐を定義する) if [条件式1]; then echo 'hogehoge' elif [条件式2]; then echo 'fugafuga' else echo 'piyopiyo' fi さらに複雑な処理を行いたい場合は、「elif」を使いましょう。 3分岐以上はelifを入れる• [を使うときよりシンプルにかける場面が多です。

18

数値の大小関係を条件に処理を分岐 実際に数値の比較を条件としてif文を使ってみましょう。 if [条件分岐式]; then 処理 elif [条件分岐式]; ・・・• bash-2. bashrc not found" fi CASE Unix/Linuxの各種デーモンの起動スクリプトはオプション別に処理を定義した関数を用意し、CASEで関数を選ばせるのが定番の構成。 ifはコマンドラインでも使用できます。

" fi 入力の有無を調べるためには 空の文字列のチェックがよく使われます。 条件の部分が0以外なら条件が成り立ち、0ならば成り立たないところもC言語と似ている。 ShellScriptの条件分岐(それ以外の場合も定義する) if [条件式]; then echo 'hogehoge' else echo 'fugafuga' fi 条件にマッチした時以外の処理も定義したい場合は、「else」を使います。

August 10, 2017 に投稿された カテゴリ:• サンプルデータをホームディレクトリの下のunix2にダウンロード。

11

" else echo "何かが入力されています。 その教材の質の高さから4. 次のように記述する。

if 条件1 then コマンド1 else if 条件2 then コマンド2. elifを使うことで、複数の条件式を用いて、処理を振り分けることができます。 [[]]の内側は特別で、通常とは違い以下のような動作をします。

5