アウシュヴィッツ 人体 実験。 アウシュビッツ

医者たちはどの患者を殺すかを選別するだけでなく、殺害を監督し、執行者に簡単な説明を行った上でガスの栓を操作させていた。 org T4 ティーフィア 作戦は、1939年10月から1941年8月にかけて行われた、ナチスの優生学思想において劣等分子とみなされた人々に対する安楽死による抹殺作戦です。

15

「人間の生存の最高の目的は、国家の維持やあまつさえ政府の維持ではなく、その種の保存である」 Adolf Hitler, Mein Kampf, Zwei Baende in einem Band, Ungekuerzte Ausgabe, Zentralverlag der NSDAP, 1940, S. また米国では知的障害者などの断種も、第2次大戦後に優生学が勢いを失うまで、さかんに行われていました。 69 による)です。 生き残るためには彼らの言う通りにしなくてはならないこと。

8

<Prof Henry Friedlander; Author The Origins of Nazi Genocide> ・クローバーグによって遂行されたアウシュビッツでの不妊実験は、人々が不妊治療されていることに気付かないまま、大勢を不妊にすることができた。 残りの25%の被験者は「対照群」として、何の予防措置もなくチフスに感染させられました。

L 焼夷弾治療実験 1943年11月頃から1944年1月にかけてブヘンヴァルト収容所で、焼夷弾による火傷の治療実験が行われました。 しかし、ナチは彼らを医療用人材(キャスト)として提供することを求めていた。

2

健康な被験者に実験する場合は、被験者の、完全に情報を与えられた、自由な同意を得なければならない。 そのことに直面するには大きな困難を伴いました。 アウシュビッツでは、ドイツが強制労働者を利用していた帝国や占領下のヨーロッパにあるその他の数百に及ぶ強制収容所と同じように、炭鉱や岩石の採掘場、建設工事、トンネルや運河の造成など、強制収容所の外でも囚人が雇われていました。

彼女が私たち双子を引き取りましたが、とても彼女にとって困難なようでした。