アイフォン 充電 パーセント 表示。 【保存版】iPhoneのバッテリー寿命を延ばす充電方法まとめ

【保存版】iPhoneのバッテリー寿命を延ばす充電方法まとめ

アイフォン5sは2013年発売モデルのため今年2018年で5年目を迎えますが、未だに一定の人気を保っているロングセラーとなっています。 iPhoneの電池切れが頻繁に起こるようなら Power Deliveryによる急速充電に対応したiPhone対応の充電器や充電ケーブルを持っていたほうが良いかも知れません。 Appleでは、保管中であっても時々バッテリー残量を確認し、常に残量が20~80%の間、その中でもなるべく50%前後の状態を保つよう推奨しています。 ウィジェットに表示させる もうひとつ、方法をご紹介します。 このように数字で残量がわかると何かと便利ですので、ぜひ表示させることをおすすめします。 大好きです。

Next

iPhoneの電池がない状態で充電すると落雷みたいなマークが出続ける場合に確かめる事

充電口の奥にゴミやホコリが溜まっていないか を確認してみたほうがよいかもしれませんよ。 つまり「フル充電サイクル」とは、充電・放電を繰り返しながらバッテリー使用量 放電量 が100%になるごとに1回カウントされる訳です。 Asian boy has idea under light bulb in class PHOTO: iStock by Getty Images バッテリー残量の設定を変更するついでに、おすすめの機能をご紹介します。 2016年末時点で、Appleが発表したiOSデバイスのバージョンシェアは以下のとおりです。 実際の使用上、実用的でなおかつバッテリーに優しい充電はどんな充電かと考えてみれば、 【 アイフォンを極端な高温環境で使用・保管しないようにし、アイフォンが自らを守ろうと「低電力モード」への切換えを訴えてくる20%手前までには充電を開始し、80~90%程度で充電を終わらせる。 汚ネェェェェェェ!!!!これからはちゃんと掃除します。

Next

iPhone 11、 XS、XRのバッテリー残量をパーセントで見る(%を表示する)方法

充電口の奥になんかいっぱい詰まっていますよ…? という流れに。 バッテリー表示が黄色なのは? いきなりiPhoneのバッテリー残量表示の色が黄色くなった! と、焦る方も多いようです。 黄緑色の部分が充電を行っている状態で、灰色の部分が放電 iPhoneを使用 している状態です。 この自動設定を何らかの理由で手動設定にしたあと、自動設定に戻したり、違う国をまたいで自動設定をオンにした事はありませんか? 実はこれらに該当する場合、バッテリーの残量表示がきちんと更新されなくなり、実際のバッテリー表示とのずれが生じる不具合が起こるようなんです。 例えば、一定の時間内で画面がONになっていた時間も分かりますし、どんなアプリや機能にバッテリーを消費したのかアプリごとの消費割合を表示してくれます。

Next

iPhone 11シリーズで電池残量(パーセント表示)を確認する方法

すると、画面右上のバッテリーアイコンの隣に残量が%で表示されます。 この図では、充電された状態から75%分を使用し、また100%まで充電し、そこから25%分だけ使用しました。 OSのアップデートなどによって突然使えなくなる可能性も十分にあります。 バッテリー残量をパーセントで見る意味 バッテリーアイコンに表示しているメーターを見ておおよその充電残量は確認できますが、パーセントで見るように1%単位の数値ではわかりません。 他にも録画機能などもついている為、使いこなせばiPhoneXをもっと楽しく使えるかと思います。 ) iPhoneXのバッテリー残量のパーセント表示を行う方法 iPhoneXでバッテリー残量をパーセント表示させる方法は2つありますが、1つはAirPodsやApple Watchとペアリングしないと設定できないので、AirPodsやApple Watchを持っていない人は実質1つしか方法がありません。

Next

iPhoneの電池残量をパーセント(%)表示に変更する方法

右にスワイプすると登場する画面です。 iPhone・iPadなどiOSデバイスのバッテリー残量表示について PHOTO: iStock by Getty Images 購入したばかりのiPhoneやiPadは、バッテリー残量の表示がアイコンのみに設定されています。 iOS10…60%• このアプリを使用すれば、うっかり容量チェックを忘れた場合でもフル充電にならずに充電コードを外す事ができます。 iPhoneを毎日充電しているなら、2年間で500回の充電を余裕で超えます。 ボクもそうしています。 コントロールセンターでバッテリー残量のパーセント表示を確認する 一番簡単なのは、「コントロールセンター」から確認する方法です。 ぜひお試しください。

Next

iPhoneの電池残量をパーセント(%)表示に変更する方法

上述の手順でウィジェットを追加すれば、同じようにバッテリー残量をパーセント表示できます。 ウィジェットに表示(AirPodsやApple Watchを持っている人限定) 2つ目の方法は前述の通り、AirPodsやAppleWatchを持っている人限定の方法です。 これを防止してバッテリーを長持ちさせるには「継ぎ足し充電はNG」とされていました。 執筆:シム・ヒカリ. 一度でも「バッテリー」が表示されれば、接続を解除したりペアリングしたデバイスの登録を削除したりしても、ウィジェットから消えることはありません。 もちろん、充電をしながらの利用はしない方が良いという原則に従えば当然の機能かもしれませんが、メールやSNSなどの通知が表示されるとやはりチェックしたくなるものです。 この1度の充電量の多さを深さと捉え「深度」という言い方をします。 iPhoneを使っていて、最もチェックする機会が多いのはバッテリー残量の表示かもしれません。

Next

iPhoneの電池残量をパーセント(%)表示に変更する方法

アラーム音は、リストから好きなものを選ぶ事が可能です。 画面右上を見ると、今まで表示されていたはずの 電池残量のパーセンテージが表示されていない。 やり方は以下で説明しています。 やることは少しだけで すごく簡単です。 iPhoneが充電できない原因と対処法は様々 以上が iPhoneがいきなり充電できなくなった時の原因と対処法のまとめです。 バッテリーの減りが早いなと感じたら、関連記事『』をあわせてご覧ください。 バッテリーの使用状況が更新されない場合は、時計の自動設定を確認してみましょう。

Next