家族 と ヤクザ。 ヤクザと家族 The Family : 作品情報

本作を観ながらそう思いました。

18

いつも気遣ってくださって、ちゃんと見ていてくれている安心感もありましたね。 ヤクザをなくすための法律・条例のせいでヤクザが足を洗うことができなくなっている。

3

そんな強烈な矛盾に翻弄される人々の物語だった。

1

ドラマ『ヤンキー母校に帰る』(2003年/TBS系)や映画『偶然にも最悪な少年』(2003年)、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(2008年)などなど。

13

20年の役を生きる山本という役は、その時代を象徴するかのように様々な繊細な感情を表現しなければならなかったからです。 舘さんには撮影時本当にたくさんのことを教えていただき、僕の監督人生の大きな財産の一つとなりました。

16

藤井監督もその一人ですが、撮影現場では若いスタッフたちが何一つ妥協していなくて、久しぶりに骨のあるハードボイルドな作品に出演できたのは嬉しかったですね。 漢(おとこ)だけど包容力のあるあのニヒルな目を、剛さん演じる山本に送ってくれたらどうなるだろうという期待がありました。

12

でも、そのおかげで「この人のために、どんどんやろう、頑張ろう」という空気が生まれて、団結力あるチームになれたなとすごく思います。 さらに、ヤクザ稼業に生きる男たちを母親のように見守り続けるのが、寺島しのぶ演じる愛子だ。 「『新聞記者』の初稿を読んだ時、書いてあることの本質が掴みきれないところもあり、自分の得意な分野ではなかったと感じました。

2

主な作品は『星ヶ丘ワンダーランド』(16)、『帝一の國』(17)、『ユリゴコロ』(17)、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(18)、『デイアンドナイト』(19)、『新聞記者』(19)、『サヨナラまでの30分』(20)、『燕 Yan』(20)ほか。 ——たしかに、由香と一緒にいるときの山本は、外での張りつめた雰囲気から一転してとてもかわいく見えました。 翼の瞳の奥に危険な光を見た山本は、自分の過去のすべてを背負って未来へとつなげるために、ヤクザとしての人生に決着をつけようとする-。