松任谷 由実 春 よ 来い。 松任谷由実

コンピレーション・アルバム [ ] 発売日 アーティスト タイトル 1 1984年5月25日 ハイ・ファイ・セット Sings Yuming 2 1985年3月6日 松田聖子 3 1986年7月21日 麗美 REIMY BRAND 4 1992年10月21日 V. 婿養子として花井家に入る。

18

矢野原一也 - 高志の長兄。 最後のサビの繰り返しでは、童謡「」(作詞、作曲)の一節がコーラスで歌われている。

12

脚本 - 橋田壽賀子• 生家はでから続く、老舗の店・荒井呉服店である。

大阪弁指導 -• 家政科四年。 矢野原とき - 高志たちの母。 特殊メイク -• 手術をするも転移が認められ亡くなる。

13

のちに同レストランに集まったアーティストからが生まれ、デビューのきっかけを作った。 また、当時の仲間のミュージシャンを集めて、『』を開催した。

9

千葉在住。

2

メイク - 栗山清• 戦争状況が悪化すると兄を頼ってやってくる。 その後、仕事がなく悩んでいる春希に「自分はテレビドラマが好きだ、春希さんにもテレビドラマを書いて欲しい」と告げる。

4

戦争を乗り越えながらも女子大、大学へと進学し、そして友、映画、シナリオと出会い、自分の進むべき道を模索していく。

10

大造にはお世話になったことから大造やリュウの死後も春希の世話を積極的にみる。

9