畑野 君枝。 畑野君枝とは

今おっしゃった支援などは、「等」の中に隠れているだけで、つけ足しじゃありませんか。 ほかの論点も、主権者である国民の意思が最大限酌み尽くされているという観点で考えていく必要があるというふうに思っております。 といいますのも、公職選挙法で既に選挙期間中の投票勧誘行為というのは禁止をされております。

19

神奈川県川崎市出身。 みなさんと協力しながら頑張りたい」と答弁。 もう一つは、いかにして国民が正確な知識のもとに深く考えてもらえるかということに配意をしなければならないはずであります。

その上で、制定時とメディア環境が変化していたとしても、国民投票運動の自由と投票の公平公正の確保のバランスを図るという要請は時代を超えて普遍的だと考えますが、北側議員にCM規制の基本的な考え方をお伺いしたいと思います。 党本部より次回も衆議院議員選挙に擁立する方針が示され、同年10月に行われた参議院補欠選挙では岡田政彦が擁立された。 そして、CM規制は、これはまだ法案が、一つの党からは出ておりますが、審査会での、まだ何ら、私たちも含めて、まだ法案になっていないんです。

いずれにせよ、我々自身がこの憲法審査会で整理し、憲法の文言を変える必要があるのか、解釈変更するのか、あるいは法律改正で手当てするのか、これは整理をしていく必要があるのだろうと思っております。

9

防止を目的に原則屋内とする改正に賛成しており、に行われた公開アンケートにおいて「が集まる場所の屋内全面禁煙、やの敷地内禁煙を罰則付きで定めるを早期に制定することが必要」と回答している。

15

ゼロの日本へ その他 [ ]• 以上です。 現在、全国で約三十校の自主夜間中学が頑張っています。 だから、例えば朝早い学生さんが多ければ、それは時間を早く設定したり、帰りが遅い通勤者の人にも可能にしたり、あるいは共通投票所も今回、改正の対象になっていて、共通投票所をやるときには、例えばショッピングセンターだったらその閉店時間に合理的に合わせたりということを可能にするということが目標だと思いますので、ちょっとその点を述べさせていただいて、質問に移りたいと思います。

18