ファイアー エムブレム 風花雪月 考察。 セスリーンの紋章と睡眠の持つ力についての考察【ファイアーエムブレム風花雪月】

神器(メリクル):神器には過去作にも登場したメリクル・グラディウス・パルティア・オートクレールがありますが、そのうちの メリクルの説明欄には鷲獅子戦争で活躍したと書かれており(War of the Eagle and Lion=鷲獅子戦争)帝国か王国の誰かがこの武器を使ったのはまず間違いありません。

16

同盟・教会ルートでは救出された後、シャンバラ攻略戦に同行し、タレスが光の杭を落とそうとすると「白きもの」となり直撃を防ぐも重傷を負い、同盟ルートでは戦後この傷により死亡する。

11

また リュファスに関しては首謀者一味であるコルネリアからギルベルトに対して語られるのみであり、女にかまけているらしい様子からも積極的にダスカーの悲劇を起こすことに加担したとも思えません。

11

光の杭自体にも、闇に蠢く者のマークが存在しています。 引き続き資料記事を目指して作成しており、モチーフや参考になりそうなものが真偽関係なく含まれておりますがご承知ください。 この中で、まずダスカーの悲劇に関与した者たちにとっては、クリストフがその犯人とされたことは予期しないものだったはずです。

9

戦闘後、再び移動できる。 アランデル公の正体? エンディングクレジットにて。

9

そのやり切れなさがどこか現実臭くて、世界は無情である。

2