ギター アルペジオ。 アルペジオをマスターする為に必要な5つの練習

弦を複数同時に弾くギターアルペジオ 「 例題3」 〇このパターンの注意する点 ・今回は5弦~1弦まで弾くかないといけないので、これまでのポジションだと1弦を薬指でカバーしないといけなくなるので、薬指のコントロールをしないといけない。

10

将来的に色々な曲に使うことになるので力まず正確に、速く弾けるように練習しましょう。 次の音符を3拍目8分音符裏で上手く捉えることが大切です。 この項目は、に関連した です。

2

慣れてきたら、メトロノームアプリで一定のリズムに合わせてピッキングしていきます。 すべて8分音符で弾きましょう。 また、艶は出るものの控えめなので、親指だけならそこまで目立ちません。

ここはしっかり練習をし体に叩き込みましょう! 音が途切れる まず、上手く弾けない最も多いことは、音がブツブツ途切れてしまうことです。 指弾きでのアルペジオでは、右手の力をしっかり抜くことが肝要です。

8

ちなみに私はアルペジオでもスリーフィンガーでも全てフラットピックを用いて弾きますが、やはり「常にブリッジの同じ位置に触れている感覚」が正確さの根拠になっています。 これがマスターできれば後は応用なので、加速的に弾ける曲が増えてゆきますよ! スポンサーリンク 同じカテゴリーの記事• 合わせて読みたい記事 以前、取り上げたミディアムテンポからアップテンポの曲のための アルペジオパターンと今回のスローな曲を弾くためのパターン、 この2つをぜひマスターしてください。 したがって美しい音色が出るまで鍛錬が必要なギター奏法です。

アルペジオは日本語で「分散和音」といわれ、 コード(和音)を分解して演奏する奏法のことです。

11

たとえばCコードの場合、5弦の3フレットのCの音がベース音です。 。

指弾き同様に1音にこだわることが重要なので、たまに演奏を録音して客観的に確認しましょう。 手の角度だったり小指の話は参考動画をご覧ください。

8

指先に力を込めると、弦にひっかかり易く、大きな音が出ます。 ベース音というのは、「C」というコードの場合、「ド」の音、つまり5弦の3フレットから弾き始めます。

20