江戸 幕府。 江戸幕府 (えどばくふ)とは【ピクシブ百科事典】

旺文社「教科書よりやさしい日本史ノート」を参考に作成した。

2

彼は俵屋宗達や尾形光琳、尾形乾山などとも関係が深く、やがて寛永期の文化がここから花開くことになる。

5

出張所 - 石狩御直場所(、)• 大政奉還後の4年(、同年明治元年)には徳川支配地を天領と呼んだ布告があるが、同時期の別の布告では「これまで徳川支配地を天領と称し居候は言語道断の儀に候、総て天朝の御料に復し、真の天領に相成候間」とある。 公家から選ばれ、幕府が給与(役料)を支給した。 大政奉還 、王政復古 [ ] 「図」 筆 同年8月、東海地方に伊勢神宮のお札が降ったことから喜んだ民衆は仮装してと謳いながら乱舞した。

(若年寄支配、躑躅間詰)• 徳川家光は、大名に正室と子供の江戸常住と参勤交代を義務付け、大名支配を強化します。 :『』、• この模型は越前福井藩主、松平忠昌の屋敷であったものを復元したものです。 この管領の下に政所・問注所・侍所が置かれ、地方機関として鎌倉府・九州探題などがおかれ、地方には守護・地頭をおきました。

5

12月25日、天皇が疱瘡のため36歳で没する。 次いで国学の隆盛にともない儒仏を廃した復古神道が唱えられ、一部では神仏分離が始まった。

19

6月24日、久坂玄瑞が藩兵を率いてに陣取り、27日には来島又兵衛率いる藩兵がに入った。

この後は、全国でキリシタン取り締まりが徹底され、寺請制度などの制度によってキリシタンを摘発した。

3

貿易 [ ] (鎖国)政策のもとで、のにおける清、におけるオランダとの交易が幕府によって行われた。 これらは当時としてはきわめて先進的な内容を含む現実的・合理的な政策であったが、などの敵対派が「政治」とのを行い、とも重なってやが発生して失脚した。 明治政府が復旧し、からへ移管。

12