藤巻 健史。 楽天ブックス: コロナショック&Xデーを生き抜くお金の守り方

記事の概要• 2018年の名目GDP実額548. 精神衛生上も極めて悪い(笑)。 「日本政府は もっと貨幣供給しろ」そんなMMT論者のツケはだれが払うのか 藤巻健史氏の理屈では「貨幣供給するとツケを払わなければならない」ことになります。

藤巻氏はFRBのバランスシート縮小が市場に与えた衝撃の大きさを考えれば、日銀が同じ方法をマネすることなど無理だと指摘する 「黒田日銀総裁は、他国の中央銀行の方法を学びながら金融政策の出口を考えると言っていますが、米国と同じ縮小方法を、日銀ができるはずがありません。 金利と価格はコインの表裏の関係にあり、「国債金利の上昇=国債価格の下落」となります。

14

特にお勧めされているのがドルのMMFです。

17

今の日銀は残務処理を行う機関としてしばらくは残るでしょうが、中央銀行としての役割は終わりです。 どうか藤巻さんの主張に耳を傾けて、税制を改革してほしいものです。

1

口座開設に時間がかかることを勘案し、早めに暗号資産(仮想通貨)の口座開設だけでもしておくことを勧められています。

8

5 Xデー到来 それでは「何を契機にXデーは訪れるか」を第11章から論じています。 ジョージソロスのアドバイザー• しかし、経済評論家の藤巻健史氏は、「巨大な危機が確実に進行している」と主張し、「今すぐ、自分の生活を守るための行動を起こすべき」とアドバイスする。

3

べき論からスタートする議論が、まともな結論にならないのはご承知の通り。 政府が発行した国債は、日銀が買ってくれています。

5

藤巻さんの書籍のアマゾンレビューを見ると「狼少年」呼ばわりするアンチなファン(笑)がいるようですが、私は「狼少年」ではなく「予言者」だと思っています。 私は銀行から 長期固定金利で、目一杯の借金をしています。

12

コロナ危機後、経済危機が長引けばもちろん、仮に短期で終息したとしても、また別の問題が発生するという。

15