フリー ダイヤル と は。 フリーダイヤル(オプションサービス)

そして、ここで注意点ですが、 その代わりの電話番号はフリーダイヤルではありません! その為、 『電話をかけた側に通話料金がかかってしまう』ので、 その認識はしておいて下さい! フリーダイヤルからの着信料金はかかる? 先ほど、フリーダイヤルは受け取った側が料金を払う仕組みになっていると説明しました。

7

言わずと知れたフリーダイヤル=通話料無料の番号で、テレビCMなどでも「0120なんちゃらのかんちゃら」などと耳馴染みがあります。

15

番号ごとの基本料 会社名 番号ごとに基本料 NTT東日本 1000円 KDDI フリーコールS:1000円、フリーコールDX:2000円(DXの方が多機能) ソフトバンク バリュープラン:月額2000円、標準プラン:無料 NTTコミュニケーションズ プラン1:2000円(番号ごと課金プラン)、プラン2:1000円(回線ごと課金プラン) 楽天コミュニケーションズ ライト:500円(0800番号、ポータビリティ不可)、シンプル800円(0120or0800でポータビリティ可能)、フリーボイス2000円(シンプルに加えてオプション付加可能) 番号ごとの基本料金は、各社あまり差がなく、1000円もしくは2000円となっています。 そう説明すると、 「フリーダイヤルからの着信時は料金はかかるの?」 という質問をされることがあるので、ここで説明しておきます。 また、内線の増減やオフィス内のレイアウトを変更する場合には、業者に頼んで工事をしてもらう必要があります。

17

基本料金・通話料ともに、フリーダイヤルより安価な料金を実現しているのが大きな強みです。 着信者のメリット 発信者に通話料金の負担をかけさせないことで、 企業のイメージアップ、顧客満足度の向上につながります。

2

5円、県外市外で20~40円、県外で20~80円、携帯電話では130円と設定されていますが、 フリーボイスでは市内・県外市外・県外は8円、携帯電話は51円と、圧倒的な安さ となっています。 フリーダイヤルロゴマークは登録商標マークだが 登録商標マークとはRマークがあるものです。

5

フリーダイヤルの番号で電話営業するならクラウドPBXを活用しましょう 複数の営業拠点がある企業、またはスマホなど外出先で電話営業をする機会が多い企業、さらにテレワーク・リモートワークに積極的な企業は、フリーダイヤルだけでなくクラウドPBXを導入することで、よりコスト面・効率面ともに適した電話環境を構築することができます。 カスタマーサービスでなくても多くの企業は電話対応に時間と労力を掛けているものですから、ロスを避けるためにも怪しい電話は受けないケースが多いです。 5円、隣接・20km以内は20円、60kmまでは40円、100kmまでは60円、100km超は80円、携帯電話からの着信は1分ごとに43円かかります。

8